2012年8月28日 (火)

ビジネスマナー:「こりゃ、どもならん!」編

前々から、ヤフーオークションを利用している。
大阪弁で言う「セコ」・「セコハン」(=中古品<今風にいうならUSED>も、新古品も、新品もある。
運よく、「あぁ、うれし」と思う金額で落札できるときもある。

問題は、その後の『振込案内のメール』だ。
商品を出している人(=出品者)からのメールに、住所・氏名は書いてあっても、電話番号がない事も多い。
もっとひどい場合は、名前(姓)しか連絡してこない人もいる。

この時点で、「こりゃ、どもならんがな! なんぼなんでも、最低限のビジネスマナーというもんがおまっせ」と腹が立つ。

そこで下記のようなメールを先方に送る。

〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、電話番号がございません。

ネット取引はお顔の見えない商取引です。
急な連絡が必要な場合もございます。
連絡のつく電話番号を明記してくださいますか?

よろしくお願いします〟

名前(姓)しか表示してこない出品者には
〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、お名前の表示しかございません。

このオークションは見ず知らずの者同士が、ネットを通して、信用し、商取引を行うものです。

出品者の住所や電話番号の記載がないのは、当方の不安につながります。

当方の住所・氏名・電話番号は、すでに記しています。
あなた様の住所・氏名(フルネーム)・電話番号をお教えください。 

よろしくお願いします〟


書いている私の心中は
『お宅さんが振込案内をもろた時、思い出してみぃな。
 
・郵便番号
・住所
・会社名
・電話番号
・HPアドレス
・会社のメールアドレス
これだけのもんが書いてあったと思うのやけれど。
今回でいうたら、せめてお宅の電話番号<または、住所・氏名・電話番号>は書いておくべきこと』

カチンと来ている心を抑え、最後に『
よろしくお願いします』と書き、送信する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

昔懐かしQueenにBowie

近頃は30代の人達と仕事をする事が多くなった。
いつも知らないこと事を教えて貰って、
「おおきに、有り難う」と、
感謝する事が続くのも嬉しい。

何でもない話の中で、
「あんな、うち、Queen のファンクラブに入っててん。コンサートにも行ったし」と言うと、
「本当ですか?!」と、そこにいた30代の男女が意外な顔をした。

私は1958年(昭和33年)生まれ。
中高時代は1960年代の音楽色を引きずりながら、1970年代のアメリカやイギリスの洋楽がラジオからガンガン流れていた。
当時は、月刊音楽雑誌の〝MUSIC LIFE〟を回し読みし、同じ学年の友達同士でLPを貸し借りした。

「騒がしいのから綺麗なメロディのものまで、たんと聴いたなぁ」
ずっとクリアファイルに挟んで下敷き代わりに使っていたのは、〝MUSIC LIFE〟に掲載されていたのを切り取ったDavid Bowieの写真だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

大阪弁での打ち合わせ

舞台美術家の竹内志朗先生には、ポッドキャストで私と二人の大阪弁のお喋りを配信して、お世話になっていた。

ちなみに、ポッドキャスト:『トリビアな大阪弁』
番組アドレス:http://portal.podcastjuice.jp/dirretrieval/feed_detail.cgi?categoryid=15&blog_id=12449&slisttart=0
番組内容:はんなり、まったりした大阪弁のあれこれ話。大阪市内の真ん中で生まれ育った舞台美術家・竹内志朗氏と、親子ほど年の離れた私・松尾が繰り広げる大阪弁ぶっちゃけ放談。文字では表せない大阪弁の微妙な抑揚、音の強弱、言葉のニュアンスを、直にお届けする。

登録者数は24830人を越えた。

その竹内先生が舞台美術を担当。私は脚本を書かせて貰ったのが下記公演だ。

”森千紗花ワールド”
【一部】
  「灰の中から3億円」 
     作: 松尾成美 演出: 吉村正人 美術: 竹内志朗
     出演者:
     森 千紗花、大竹修造、前田写楽、河西秀樹、三好 香、辻本佳史 他

日時: 11月22日(日) 昼の部13:30~ 夜の部17:30~ (開場は開演の30分前)
会場: ワッハホール
料金: 前売券 4,000円 当日券 4,500円

Pコード予約 397-907 チケットぴあ TEL 0570-02-9999

主催: ㈱ギャグナーインターナショナル 森千紗花後援会 
お問い合わせ: ㈱ギャグナーインターナショナル 06-6773-3441

竹内先生と原稿を前にしての打ち合わせの席では、「先生、ここでワチャワチャが入って」と示せば、「ここで入れるねんな」と確認しながら話は続く。
ポッドキャストで喋っている通りの言葉で打ち合わせが終わった頃に、「先生、ワチャワチャも今のお人では意味わかれへんかもしれませんわ」と苦笑いする事が多い。

※わちゃわちゃ:大勢がめいめい口々に喋るさま。<『大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫より>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

夢で会いましょう♪

おもろい夢やけったいな夢を、時々みる。
かつては、金色に輝く仏像が、濁流を「バラモン~、バラモン~」と言いながら流れていく夢もみた。
CIAのスパイになって、網タイツを履いたアントニオ・バンデュラスを相手に一戦交える所で目が覚めたこともあった。

お盆の時期を意識しているわけでもなかったのだが、3日前の明け方、40数年も前に亡くなったコリー犬の“エス”が夢に現れた。
エスは今まで飼っていた犬の中で、最も愛した犬だった。
白と茶の混じった毛は長く柔らかで、性格は母性の塊のような犬だった。
小学校の低学年だった私は、エスにもたれてテレビを見、エスのおっぱいをよく弄ったものだ。

そのエスの足音が夢の中で聞こえ、次第に近づいてくる。
「あっ、エスや」
気付くと、エスの背中を撫でいている自分がいて、「ここの毛は相変わらず柔らかいなぁ」と言い、後ろ足の毛を触って、「そうそう、ここの毛はちょっと固いねん」と呟いたら目が覚めた。

蒲団の中で、「夢で会いましょう~♪やな」と笑ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

ストレス発散法

ストレスの発散方法と言っても、人には夫々のやり方がある。

私の場合、とにかく料理を作り続ける。
作った尻から(=次々に)、タッパーに詰める。
1時間もせん内に(=1時間も経たない間に)、6~7品は完成する。

この時間は、料理の事だけしか考えていない。
材料を刻む、炊く(=煮る)、炊いる間にまた刻む、炒める、和える、焼く、揚げるなど、タッタカタッカ進めて、ドンドン仕上げていく。

出来上がった煮物、炒め物、揚げ物、和え物や焼き物を入れたタッパーを積み重ね、心地よい疲労感を覚えたら、スッとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

人生は、50からちゅう事でおますわ

2009年2月8日、神戸市御影の世良美術館で行った
朗読&JAZZ演奏の公演 大人の恋の物語 ~My sweetheart~ ”
満員御礼の内に無事終了できました。

この場をお借りいたしまして、見に来て下さった皆様、関係者の皆様に、深く感謝を申し上げます。

「50を越えた辺りから」と、この頃、よぉ思いますのや。
上に書いた公演かて、人との繋がりや経験があって、「今やさかい出来るようになった」とほんまに思てます。

今年でうちは51才。
30代や40代は、セクハラもどきの態度や言葉も多い時代でおました。
それを、「どうちゅうことあらへん」と、右に左に流してきましたけれど、「あぁ、しんど」とほとほと疲れることもおましたわ。
「こんなり(=このまま)いくのやろか?」
なんや心配になったことも、そらおました。

そやけど、「50を越えた辺りから」そんな事ものぉなって(=無くなって)、気持ちよう過ごさしてもろてます。
そらそうですわ。
50のおばちゃんにちょっかい出すより、男はんはそれより若い子ぉにする方を選びまっしゃろ。

それだけやおまへん。
なんやかやと、落ち着いてきましてん。
うちの心が落ち着いて来たのか、周りの環境が落ち着いて来たのか判れしまへんのやけど……まぁ、どっちもおますのやろ。

「人生は、50からちゅう事やないかなぁ~」と思てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

2009/2/8公演:“大人の恋の物語”のご案内

「koen_annai.mp3」をダウンロード

公演のご案内でおます。
2009年2月8日(日):神戸市東灘区御影の世良美術館で、朗読&クロマチックハーモニカの公演を致します。
酸いも甘いも噛み分けた“大人の恋の物語”。詳しくは、ブログ:トリビアな大阪弁 2009年1月21日を読んでみておくなはれ。
どうぞ、よろしお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな公演しますねん。“大人の恋の物語 ~my sweetheart~”

公演のご案内でおます。

熟女が願うダンディズをベースに、酸いも甘いも噛み分けた男と女の恋愛模様。
朗読&クロマチックハーモニカのSexy soundで綴る珠玉の4編。

大人の恋の物語 ~my sweetheart

【朗読演目】
----“
知らないふりより----
好きだ、愛しているわの感情は、5年が限度かもしれない。
ところが5年も経てば、「言わんでもわかるやろ」と手前勝手に思ってしまうのが男の性(さが)
女は言って貰わないと判らないと拗ねながら、本当は『あんたのことは全てお見通し』という特殊能力を持っている。勿論、内緒だけれど。

あの恋、この恋が浮かんでは消えていく。
時を越え、胸に秘めていた過ぎ去った出来事が、そっと浮んでくるかもしれません。

日程:200928日(日)
時間:午後1時開場 午後2時開演(4時終了予定)
会場:世良美術館 
 <阪急「御影」駅より南西へ徒歩3分>
TEL078-822-6456
 FAX078-843-4834
658-0047 兵庫県神戸市東灘区御影2丁目5-21
協力:エルミオニ ジャパン()、㈱企庵
料金:前売券のみ
        5000円(プレゼント、コーヒーor紅茶付き)

会場プレゼント:
ギリシャの最高級エクストラヴァージンオリーブオイル(28g 980円)と、同じオイル100%で作られた石鹸(1680)のセットを参加者全員にプレゼント!

【チケットのお求め・お問い合わせ】
エルミオニ ジャパン有限会社 

ご希望の方はFAXかメールに住所・氏名・電話番号を明記の上、下記までお送りください。振込先を明示し、チケットを郵送致します。
6580053 神戸市東灘区住吉宮町31415302 エルミオニ ジャパン有限会社
 tel/fax : 078-754-8208    Email: kubo@ermioni-japan.com

出演者
徳永 延生 クロマチックハーモニカ

多田 恵美子:ピアノ
桂 紅雀:朗読男性の声
藤田 千代美:朗読女性の声
久保佳代:朗読ナレーション&プロデュース
松尾 成美:朗読女性の声&脚本・演出

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

大阪弁:「はんじく(半じく)」と「にぬき(煮抜き)」

何気なく使う一言に、自分でも「あれ?」と思う事がある。

「はんじく卵が好きや♪ はんじく、はんじく♪」と、リズムをとりながら、台所で茹でた卵の殻を剥いていた。
「あれ? うち(私)、はんじくってゆうてるわ」
少し揺れていた体は、ここで停まった。

大阪弁では「半熟(はんじゅく)」のことを「はんじく」と言う。
今は殆どの人が「はんじゅく」と発音している。
20代の二人の娘も「はんじく」とは言わない。

ちなみに、「にぬき(煮抜き)」と言うと、ゆで卵でも「固ゆで卵」のことをさす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

行きはよいよい

歩道を歩く私の傍を、2台の自転車が通り過ぎていった。
その時擦れ違った母と息子の声が耳に残った。
母は30代で、息子は10歳前後だろうか。
二人とも、それぞれ自転車に乗ったままで、会話を続けていた。

「そやからな、行きはよいよいやってんけどな」と息子が言った。
母は「ふうん、そうかいな。ほんで?」と問い返した。
息子は、「そやけどな、帰りがしんどかってん」
そこから先の話は、私との距離が空いてしまって判らない。

口汚い大阪弁が横行する時代になり、「なんでこんな言葉遣いやねん」と悲しい毎日だった。
けれども、こんなにきれいな会話の出来る親子もいる。
久しぶりに晴れ晴れとした気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)