2012年8月28日 (火)

ビジネスマナー:「こりゃ、どもならん!」編

前々から、ヤフーオークションを利用している。
大阪弁で言う「セコ」・「セコハン」(=中古品<今風にいうならUSED>も、新古品も、新品もある。
運よく、「あぁ、うれし」と思う金額で落札できるときもある。

問題は、その後の『振込案内のメール』だ。
商品を出している人(=出品者)からのメールに、住所・氏名は書いてあっても、電話番号がない事も多い。
もっとひどい場合は、名前(姓)しか連絡してこない人もいる。

この時点で、「こりゃ、どもならんがな! なんぼなんでも、最低限のビジネスマナーというもんがおまっせ」と腹が立つ。

そこで下記のようなメールを先方に送る。

〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、電話番号がございません。

ネット取引はお顔の見えない商取引です。
急な連絡が必要な場合もございます。
連絡のつく電話番号を明記してくださいますか?

よろしくお願いします〟

名前(姓)しか表示してこない出品者には
〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、お名前の表示しかございません。

このオークションは見ず知らずの者同士が、ネットを通して、信用し、商取引を行うものです。

出品者の住所や電話番号の記載がないのは、当方の不安につながります。

当方の住所・氏名・電話番号は、すでに記しています。
あなた様の住所・氏名(フルネーム)・電話番号をお教えください。 

よろしくお願いします〟


書いている私の心中は
『お宅さんが振込案内をもろた時、思い出してみぃな。
 
・郵便番号
・住所
・会社名
・電話番号
・HPアドレス
・会社のメールアドレス
これだけのもんが書いてあったと思うのやけれど。
今回でいうたら、せめてお宅の電話番号<または、住所・氏名・電話番号>は書いておくべきこと』

カチンと来ている心を抑え、最後に『
よろしくお願いします』と書き、送信する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

お肌のハリ

母は、昭和11年(1936年)生まれだ。
私が昭和33年(1958年)生まれ。

その母は非常に長い間、
「おかあちゃん、今年でなんぼ(何歳)?」と尋ねるたびに、
「33歳」と言い張っていた。

「そやかて、あんた。おかあちゃん、ハリのある綺麗な肌やと、人からよぉ言われるんや。フフフ」と喜んでいた。
50~60歳の間だったと思うのだが、
「たえちゃん(母の呼び名)のハリのある肌羨ましいわぁ~。皺ひとつないんやさかい。そない今日も友達に言われて喜んでたら、ムクんで顔(の皮膚が)、張ってたんや!」
そんな事を言い出した。

今朝、53歳にして私の顔の肌は皺ひとつない。
そう、母と同じで、ムクんでいたからだ。
手も足も、むくみが来ている。

「体質って遺伝するもんや」
利尿効果のある紅茶やコーヒー、そしてお水を飲み、
「老廃物退散」とトイレで唱えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

ツケでこぉた花かんざし(ツケ<月末清算>で買った花かんざし)

満開の桜の花を下から見あげて、
「ほんまに、花かんざしみたいや~」
溜息を洩らしながら、見入ってしまう。

小さな頃、花かんざしを数本持っていた。
髪が長く、普段は祖母に三つ編みにして貰っていたが、お正月には、祖母行きつけの〝髪結いさん〟(=美容院)で、『新日本髪』を結い上げて貰っていた。

「今年は、ほんちょっと桃割れみたいに、ゆうて(結って:ゆって)みたけど。おばあちゃん、どないです?」
必ず、髪結いさんは祖母に確認をとって、
「よぉでけたわ。赤い鹿の子も髪の間から見えて、映えるなぁ。よろし、よろしわ」
と祖母は応えた。

その後、今年用意の花かんざしを前髪部分にそっと挿し入れて、出来上がりだ。

昭和30年代半ば、花かんざしは、年末になると祖父に手を引かれて、町の小さな化粧品や髪飾りなどの小間物を置いている店に買いに行った。
買ってくれることに、正直、喜びはなかった。
というのも、
「ツケ(大阪弁:<大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫 より抜粋>月末勘定)にしといてんか」
そういうのが分かっていたからだ。

まだまだ幼い子が、ムスッとした大人びた表情で祖父を見て、
「どうせ、ツケなんやろ」
と言ったことを鮮明に覚えている。
『おじいちゃんやのぉて、おばあちゃんが払うんやろ』
と思うと、申し訳なくて、祖父に笑顔は見せられなかった。

しかしだ。
髪結いさんで、花かんざしを挿して貰った瞬間から、嬉しくて、笑顔は一日中持続した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

けちくさいことしぃなや(=ケチケチしないでね)

昨夏、都内で初の一人暮らしを始めるまで、一体、何度転居したのだろうか?
結婚してるときに5回。
離婚して3回。
そして、一人暮らしの今で1回。

「ほぉ~、9回目がこのワンルームマンションやわ」

その間に、私がほしかったのは、自分専用の文机だけだった。
本は、段ボールに入れてでもどうにか収納がつくが、
「気持ちよぉ書ける場所だけはほしい」とだけ思ってきた。

結婚している間は、夫主体の生活で、専用文机の夢は叶えられなかった。
離婚してから、転居のたびに大きさや形が変わり、使う文机の形態は変わったが、夢は叶った。

9回の転居を経た娘に、母は毎回言う言葉がある。
「あんた、鏡台ないやないの。ほんまに、もう、家具屋の娘やのに、けちくさいことしぃなや」

母は嫁入り道具の鏡台を大事に使い、その三面鏡の前で、朝の化粧をし、夜にはきちんと化粧を落として休む。
鏡台の前から一日が始まり、三面鏡の鏡を閉じて一日が終わる。
その母からしてみれば、転居を繰り返すたび、
「あんた、鏡台は?」と私に問い
「えっ? いらんもん」と答えられ、
そこを押して何とか、
「そやけど、姿見くらいはいるで。せめて出かけるときには、全身見てから出ていかな」
というので、壁掛け用の姿見だけは、どこの家にも吊るしてあった。

「家具屋の子ぉが、けちくさいことしぃなや」
と言われ続けてきたが、
「これから先も、うち、鏡台も三面鏡も、ドレッサーも使えへんやろなぁ」
母には悪いが、今朝も小さな手鏡でリップだけを塗ってそう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

伯父と判子(はんこ)

年が明けて、鏡を見たら、
「えっ?」
と声をあげた。

「かーさんそっくり」
「判子、判子!」(全く同じの意味)
が次の声だ。

「へぇ~」
「加齢による変化?? ……うーん、こないなってくんねんなぁ」
「ほぉぉぉ~~」
やたらと子音や間延びした音が出てくる。

「ほんまにびっくりしてしもた」である。
特に目が似ている。
「おしいな。かーさんの目ぇは、ちょびっと緑がかってんねんけど。うちのは茶色やさかい。どうせなら、緑がかってる方がええのに」

「かーさん」とは、伯父(母の兄)のことだ。
薫(かおる)という名前で、町内では「かーさん」と呼ばれている。
普段は「薫のおっちゃん」や「おっちゃん」と呼ぶけれど、何かのときにひょいと出てくるのは「かーさん」の方だ。

背はあまり高くないが、農業で鍛えた体は贅肉がない。
どうみても80歳手前には見えないほど、若々しい。
そんなかーさんには実子がなく、私の襟足が自分と一緒だと、親戚の集まる酒宴で酔いが回ると、やたらと私の襟足を触る癖がある。

新年早々、「もしもかーさんがのうなって(亡くなって)しもても、うち、鏡見たら、かーさんに会えるわ」と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

大阪弁:「八掛(はっかけ)=着物の裾廻し」

お正月が近くなると、雑誌で着物関連の記事を見る機会が増える。

叔母が呉服商で、折に触れ、「ええ反物でたさかい、白生地のままこうといたら(買っておいたら)?」と母に声がかかった。
母は「嫁ぐようになって一遍に支度も大変やよって、ええもん(お値打ち品)出た時にこうとこ(買っておこう)」と、せっせと白生地の反物を買って、家に置いていた。

1958年(昭和33年)生まれの私も、10代半ばになると体も大きくなり、「そろそろ、あの反物で晴れ着作ったらどない?」と、叔母は母に勧めた。
叔母の頭には、家にある反物の地模様から生地の厚さまで全てが入っていて、「来年のお正月に着せるんやったら、ほれ、地模様に雲が描いてある、あの白生地を染めよか。あれは重めの生地やよって、年齢いってから染替えしたかて、充分着られるわ」
細かいアドバイスがあって、母はその言葉に従った。

叔母の所には女の子がいなかったので、可愛がって貰った。
色見本や着物の柄見本を好きなだけ見て、「これにする」と言うと、「ほな、八掛は……」と、ここから叔母のセンスが光る八掛(着物の裾廻し)選びが始まる。

出来上った着物の八卦を見るため、チラッと裾を捲る時が、一番嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

大阪弁:じじむさい(=垢抜けしない)

出かける支度に時間がかかる事が多くなった。
着物なら、「この着物に、この帯で、帯揚げはこっち」と、即座に決定するのに、時に洋服だとなかなか決まらない。

原因は体型の変化だ。
腰回りの肉付きが、全体のバランスを崩している。
「ほんまに、浮き輪をつけたよな体や」と嘆いても、悪いのは自分だ。

「ちょっと歩いたら」
「運動しぃや」
「プール通いもええみたいやで」
周囲は好意で教えてくれ、その時は素直に「うん、うん」と頷いている。
「頷くだけではあかんわな~。動かなな~。そやさかい、こんな……」と言っては、腹部と腰回りを触ってみる。
ソフトな肌触りが、却って忌々しい。

「何着てもじじむさい!」
『じじむさい』とは、「垢抜けしない・着映えがしない」の意味を持つ大阪弁だ。
綺麗な言葉ではないが、忌々しさも頂点に達し、今朝も鏡の前でつい言ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

大阪弁:「やつし(=おめかし好きな人)」

家族の中で、『やつし』と言えば、祖父だ。
明治生まれの祖父は、女性にもてた。
「やつしの松はん(=おめかし好きの松尾さん)」と、町内のおばちゃん達も半分呆れたように言っていた。
「そないやつしてから……」の声の後ろに、『また新し人でけたんとちゃうか』の思いがあった時期も過ぎ、私が成人した時分には、「ほんまに、いつまで経ってもやつしやな、あんたとこのおじいちゃんは」と、ほんの少しだけ褒めてくれているような気配も感じられた。

派手な裏地の着物や、しかんまきに使っていた絹の布(=首に巻くスカーフ)、「誰が着るねん?!」と思うような目立つブレザー等々、思い出しても色々とある。

しかし、驚くような着物も洋服も、祖父が身につけると、案外すんなりと納る。
自身に合うものと、「これはあかんで」というものの選択眼があった。

もしもそんな祖父が、似合わぬ髭を生やしたり、似合わぬ色に髪を染めている中高年男性を見たなら、「どない言うやろか?」と思う。
「好きにしたらええがな。どれ、そんな事より、新し服なとこうてこ(=買ってこよう)」と、一人フラ~っと好きな買い物に出かけるかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

大阪弁:「こんなり(=このまま)」

明治生まれの祖父母には、お出かけルールがあった。
二人とも、乱れた髪で出かけることはなかった。

祖父は、ポマードで髪を梳いていた。
無論、髪を撫付ける前に、髭はきちんと剃ってある。

祖母の用意は大変だ。
前日に髪結いさんで髪をセットしてもらっておかないと、出かけるには至らない。
「ちょっと行てきて」と、滅多にないことだが、稀に祖父が急な頼み事を言っても、
「こんなり(=このまま)でいけますかいな」
この一言でお出かけはない。

「こんなり」と言う時の、どうにも困った様子を思い出す。
“出かける限りは、先さん(先様=伺う先)に失礼のないよいに”が気持ちのベースにあって、『とてもこのままのなり(=風体)では、伺う事はできまへんがな。フ~』と溜息が漏れてしまうような表情だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

色の白いは七難隠す

『色の白いは七難隠す』と言われるが、度を超えた白さは「これはちょっとなんぞあるのかもしれん」と思う。

一年に数回、肌の色がいつもよりうんと白いと感じる日がある。
今日がその日だ。
こんな日は、以前なら娘達も、「一編、お医者さんに行ってきたら」と言ってくれた。
が、それも数年前に検査をして「異常なし」と言われてからは、心配の声はプスッとも上がらない。

貧血もなし、脈も正常、取り立ててしんどいこともない。
ただ、「こうなる前の数日間は忙しかった」というのが、振り返ってみて判る共通点だ。
「ということは、“お宅、お疲れ溜ってまっせ”と、体が教えてくれてるのやろな」と判断し、一日静かに過ごしている。

そして眠る前に、「どこぞ悪なる前に教えてくれるうちの体。おおきに、おおきに。ええとこあるやないの。頼りにしてまっせ」と白いままの肌を撫でておく。
早めに布団に入って一晩寝れば、明日はいつもの肌の色に戻っているのが常だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧