2013年5月20日 (月)

大阪弁:しょぉない(仕様がない=仕方がない)

前回のブログに書いた私の睡眠時無呼吸症の治療は、CPAPという呼吸器を装着して眠る。
参考までに、私が使用中の帝人のCPAP治療法のHPには、イラストで装着図や詳しい説明がある。↓
http://www.teijin-pharma.co.jp/zaitakuiryou/cpap/cpap02_02.html

装着を始めた頃は、
「バンドやホースが、なんや体に巻きつくようで、眠りにくいわぁ~」
と感じたが、今や全く苦にならない。
以前に比べると昼間の眠気はかなり改善された。
「ええ調子や」
と喜んでいた。


だが、ここひと月はまた以前のように昼食後の眠気が襲ってくる。

担当の先生は、CPAPの機器に入っているデータチップの解析を月に一度の受診時に見て、
「眠り始めて3時間は深い睡眠状態で……それからは、どうなの?」
解析データを見て尋ねてくれた。
「ウトウト状態で、あんまり眠られへんのです」
と正直に答えた。
「CPAPを付けていても、そこからの空気漏れもないから、装着状態はいいのよ。何か理由があるの?」
優しく問いかけてくれた。
「騒音がひどぉて。マンションのどの部屋から出てる音か特定はちょっと無理やけど、気になる音が続いて」
『ほんまに困ってますねん』と顔に出ていたのだろう。
先生は、「よし! 心得た」とばかりに、
「耳栓をしてごらん。色んなタイプがあるから、自分に合うのを探して試してごらん。イヤンやヘッドホンで音楽を聴く方法もあるけど、CPAPの機器で頭や顔に付けている物が多いから、これ以上何かが付くのは嫌でしょ」
受診しての帰り道、早速、薬局で耳栓を買った。

寝る前は忙しい。
布団を敷く→お風呂に入る→CPAPの機器を取り出し装着準備→耳栓をする→CPAP装着完了→機器のスイッチ オン

「バタバタと忙しけど、安眠のためにはしょぉない(仕様がない=仕方がない)わ」
と呟いて目を閉じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

睡眠時無呼吸症候群

『睡眠時無呼吸症候群』
この言葉を耳にした人は多いと思う。

「うち(私)、これやろかぁ??」
ボンヤリ、モヤモヤとした気持ちがわいてきたのは、もうどのくらい前かも思い出せない。

ただ、18年程前には、昼間の耐えられない眠気は、昼食をとると余計に増していた。
それもあって、外で仕事をするときは、昼はコーヒー程度で済ませていた。
食べるのが遅い私には、昼食時の込み合った喫茶店や、ファミレスで食事をするのは、
「うち一人で、長いこと座ってしまうことになる……お店側にとったら、敵わんことやろし」
という気持ちもあった。
「昼食はコーヒー1杯で充分や」と、精神面でもこの方が気楽だった。


ところが、いびきは次第にひどくなっていき、目覚める直前、自分のいびきに気が付くようになった。


東京に来て、〝かかりつけのお医者さん〟になって下さる良心的な先生と巡り合えた。
先生の紹介で『睡眠時無呼吸専門の病院』を紹介してもらい、検査を受けた。
「閉塞性睡眠時無呼吸症候群で、症状は重度寄りの中度」の結果が出て、現在はCPAPを装着して寝ている。

*参考までに、ウィキィペデアの『睡眠時無呼吸症候群』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%99%82%E7%84%A1%E5%91%BC%E5%90%B8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
を読んでみてもらいたい。
「あれ? ひょっとして、僕も(私も)、これ?!」と思い当たる人がいるかもしれない。

『睡眠時無呼吸症』と聞けば、
「痩せなさい。痩せれば治るのよ」の一点張りの人にも出会った。

たしかに症状の軽減や治すためには、痩せる事も大事だ。
しかしながら、私の場合は〝顎が小さい〟事が原因にもなっているので、
「痩せただけでは、うちは、あかんねん。素人考えだけやと、こわいで」
と考える。

もしも、「睡眠時無呼吸かも?」と思う人がいたら、早めに専門医に診て貰うことをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

ビジネスマナー:足らん所をおぎのうて(補って)

大阪から都内に転居して、息子のような年頃の若い起業家たちに出会う機会も増した。

「若いあの子ぉら(=起業家達)、自分の指針をどこに求めて、走る(=勉強するために行動する)のやろか?」
そんな目で彼らを見てみると、

A:利益向上のために、自身と同年代の経営コンサルタントに、スカイプなどのネット通信を使って相談する人。

B:人としての器を磨くために、尊敬する企業経営者の理念を学ぶ場に足を運び、〝今の自分に欲しい物(=指針・支え・言葉など)を得ようとする人。

このように大別できる。

Aは目先だけを見つめ、Bは理想とする経営者としての〝やがての自分〟を見つめている。
どちらも懸命に生きていく姿に変わりはない。

「自分の足らん所をおぎのうて(補って)、どこぞに拠り所(よりどころ=精神的な支え)を求めたいのやろな」
と感じつつ、50半ばの私は傍観者の一人にしか過ぎない。

距離を置き、見ている側の人間だから言えるのだろうが、
「完璧な人間なんていてへん。けどな、自分には何が足らんのかを感じとる力をつけな、あかんわなぁ」
と考える。

若い起業家たちは、この事に気づかず、
「〝常に前を向いて走っているから〟に安心してしもて、自分をトコトン客観視して、企業人の前に人として欠ける所を探る事、これ、せぇへんの、うちから言わしたら〝勿体ないで。そこが肝心やろな〟やわ」
口には出さないけれど、そう思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

ビジネスマナー:後引く第一印象

かれこれ15年程の付き合いになる経営コンサルティング会社の代表は、もう90歳近い。
色んな人に出会い、培った経験から、
「初対面の人でも、その性根を見極める勘は、えらいもん持ってはるわ」
と感心する。


90歳近いとはいえ、若く見える。
背筋も曲がっておらず、声量もあり、
「もうちょっと、ゆっくり動いた方がよろしのに」
と思うほど、動作もキビキビしている。

その方が、私を誰かに紹介してくれる際は、
「こいつな、えらいはんなりして、まぁ、一見おとなしというか、なんちゅうか、〝優しい女らしさ〟を感じさせるやろ? そやけどな、こいつの中身は、その辺の男より、う~んと男やぞ」
と笑いながら、先方に伝える。

私は否定もせず、穏やかな笑みと共に
「どうぞ、今後とも、よろしおたの申します」
と、ゆっくり頭を下げる。

連携プレーと言えなくもないが、こうして初対面の相手は、
『目の前で頭を下げる松尾の優しげな印象と、本当の姿は違うというわけか??』
困惑の表情が残る顔のまま、名刺交換をしてくれる。

就職戦線がスタートした。
ビジネスマナーでは、『好感のもてる第一印象を残すために』をテーマにかかげ、清潔感のある服装から始まって、言葉づかいや所作に渡る諸注意を伝える本や、ネットで配信されているものは多い。

が、年齢を経て、互いの信頼関係があってこそ成立する、誰かを誰かに紹介する時、またされる時の第一印象は、ある種の連携プレーが〝あ・うん〟の呼吸でなされていなければ、上手くいかない。

私の場合、「こいつ、信頼できる」と信用を得た人との〝あ・うん〟の呼吸で、紹介先の方に
『松尾って、一体、どんなやつやろ?』
の疑問を持って貰うことで、他の人とは一味違った〝後引く第一印象〟を残してきたように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

何やって食べてんのや?

ライターや編集者をしている周囲の女性は、大概、
「親は、私が何をしているか、よく分からないようで」
と言う。

それは私も同様で、54歳にもなって尚、
「あいつ、何やってんのや?」
と、うちの父母は思っている。

実家は祖父の代から家具屋だ。
祖父がこの仕事を始めた頃は、家具職人の人たちがいて、製造・販売をしていた。
戦後、職人さんたちの幾人かが戦争で亡くなったのと、大手メーカーの製品を見て、
「これはとても太刀打ちできん。小売りだけにしょ」
となった。

椅子を1脚売れば、売値の何割かが利益として手元に残る。
祖父も父の代の時も、『つけ』=掛け売り(代金は購入時に支払わないで、月末に支払う)が殆どだった。
商品を指して「これにするわ。つけといて」の一言で、購入品だけをお客さんのお宅に配達した。

今のようなクレジットカード払いはなく、『つけ』はごく一般的で、月末に集金に行けば現金が入った。
中には、「いつ、あのつけの分、はろて(支払って)くれるんやろ」と、何年間も未支払いのままの人もいた。
が、多くの人はきちんと支払うべき時に支払ってくれたので、我が家の生活は成り立っていた。

私を含め、フリーのライターや編集者の立場は弱い。
支払日が守られなかったり、原稿料はこちらに落ち度がないのに値切られる等、
「へっ?! そんなんあり??」と驚くようなことは、何度も経験してきた。

そんな世界の話をしても、父母には合点がいかない。
「(お前のやってることは)よぉ分からん」から、
「あいつ、何やって食べてのや?」と不信感を抱かれて、かれこれ20年弱ほど経つだろうか。

時に仕事の内容を懸命に説明もしたが、
「なんや分からん話ばーかりして。そんな話、もうええ!」
父母の態度がそうなって以来、〝認めて貰えぬ情けなさ〟から抜け切れないできた。

父は来年80歳。母は77歳だ。
「よぉ分からん仕事やけど、一人でやってんのやさかい(一人で生活しているのだから)」
今は半ば雲をつかむような感覚で、私の仕事を捉えているようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

50半ばの交渉術

「世の中、ほんま、理ぃの通らんこと、よぉけあるわ」
そう思う事は度々で、
「一々(いちいち)腹立ててたら、こっちの身ぃが持ちまへんわ」
ここで考える事をやめる。

けれど、仕事の上で、
「そんな言い方は、いくらなんでもないで!」
「お宅、よぉまぁ、そこまで、言わはるわ!!」
「得手勝手(えてかって=わがまま)も、ここまでくるとは。こんな人、そうそういてへんで」
口には出さないが、腹の中ではかなりムカムカすることもある。

いや、『ムカムカ、カリカリしてきた』の過去形が正しい。

「ムカムカしたかて、こんな人相手に……アホらし」
50も半ばになると、ムカムカ状態の時間は短縮され、諦めの境地に入る。

仕事の交渉相手も、年下が多くなった。
意に添わない私の話に、目の前でイライラしながら直情的な攻撃姿勢の先方がいる。
こういう相手は短気で、交渉相手の話を理解しようとしない。
話を聞くのもするのも時間の無駄とばかりに、言いかけた自らの言葉も、
「もういい、いいですよ!」
と切ってしまう。

こんなぞんざいな(=丁寧に対処しない)言動に触れると、年下相手だから言える一言がわいてくる。
『言うたら、もっと怒るやろなぁ~。けど、もうええわ』
となって、
「○○さん、交渉事は、もっと塩梅(あんばい=上手に)運ばな(=進めないと)……」
微笑みも共に加え、静かに告げる。

結果がどうなろうと、こちらの言いたい事を提示して、相手側の具体的な返事を貰うところまでこぎつける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

大阪弁:すってんてん(=からっぽ)

私は浪費家ではないが、
「これもこうとこか(買っておこうか」
と購買意欲が一番わくのは食材だ。

スーパーに入る前には、必ず財布の中身を確認する。
いつぞや、
「財布パンパンや(膨らんでいる)。結構、うち、今日はお金、持ってるわ」
思い込みは、ろくなことがない。

レジで合計金額を聞き、いざ支払う段になって
『ひ、ひぇ~、レシートばっかり!! 現金が、ナ、イ。そんなアホな!!』
小銭を集めて、とりあえず入り用な卵1パックだけ買い、
「すんません。お金、財布に入ってのぉて……買い込んだ品もん(品物)、全部、お返しします」
脇に汗を垂らしながら、頭を下げた。

恐怖の体験を経て、スーパーに入る前に
〝財布の中身チェック〟行動は身に着いた。

しかし不思議だ。
計算にはとんと疎い(少しも得意でない)私が財布の中身を見て、
「小銭も入れたら、大体3500円ほど」とか「あっ、5000円札入ってたわ」
金額だけ確認してから、買いもん(買い物)はスタート。
レジで支払いを終えると、ほぼ毎回、その時の財布の中身全金を使い果たしている。

「ほしいもん(欲しい物)こうたし(買ったし)、気持ち、ええわ」
スーパーの袋は重く、財布の中身は「すってんてんやわ~」と軽くなるのだが、ウキウキモードで家路を急ぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

人さんの手ぇ借りて育てる子供かな

今、つくづく思うことがある。
離れて暮らす長女は今年28歳、次女は25歳になる。

長女が小学4年生、次女が小学校に入学する時には、すでに夫と事実離婚の状態で、別居生活を送っていた。

別れた夫は歯科医。
その父親は産婦人科医だった。

医者の家に家具屋の娘が嫁ぎ、そこに生まれた孫を、私の父母は扱いづらいようだった。
〝敷居の高い家の子〟とでもいうのか……。
孫であることに違いはないが、私が祖父母に育てて貰ったような
『全てを大きな懐に包み込む』
という感じは受けなかった。

近頃、周囲の若い子たちから
「結婚決まりました。子供も早く欲しいんです。あの、まだ先の話ですけど、子供ができたら、どんな事に注意すればいいですか?」
と尋ねられる機会が増えてきた。

「できるだけ、仰山の手ぇが、子ぉに入る方がええ。ええ人も、あんまりそやない人も、色んな人の手ぇ借りて、子育てしていくのが、一番ええわ」
きっぱりと、即答する。

『うちは、それに失敗した』と思ってる。
人から見ればしっかりした母親と、しっかりした娘二人のように見えただろう。
だが、母と娘二人だけが歩む細い道は、結果的に世間が狭く、物の見方が極端になりがちだ。

自戒を込めて、
「子育ては人さんの手ぇ、たんと借りや。やがて度量の大きな子ぉに育つさかい」
そう思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

縁結び

祖母の所には、見合い話の相談に来る人も多かった。
昭和30年代後半、まだまだ世の中の景気は良かった。
「うちの子ぉ、商売人がええといいますのや」
と言う人がいれば、
「公務員かサラリーマンで、ええ人がいてたら、宜しお願いしときますわ」
と言う人もいた。

祖母は生年月日や干支、本人の気質と希望を考え、
「ほな、この人とどないやろ?」
封書に入った『釣書(つりしょ)』と呼ばれる本人や本人の家族の略歴の書いたものを見ては、また別の釣書を取り出して
「一遍、声、掛けてみよか」
と言っては、取り出した2通の釣書を元の封筒の中にしまった。

祖母の声掛けで気が合い、
「夫婦(めおと)になって、やっていけそう」
と相談に来ていた人の息子さんや娘さんが感じたのなら、祖母は『縁結びのおばあちゃん』である。

54歳の私は、見合い話のお世話はしたことはない。
だが近頃、ビジネスやビジネス以外の場で、男性・女性の関係なく、
「なぁ、一遍、顔、合わせてみぃひん?(=してみない?)」
「おぉて(=会って)みてもええんとちがう?」
知り合いの誰ぞと誰ぞ(=誰かと誰か)を引き合わせる機会が多くなった。

そうして何かが良い方向に進めば、
「そらもう、言うことおまへんわ」
である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

『ポジティブ』に要注意!

「僕(私)は、ポジティブだから」
という人がいる。

このタイプの人間は、どんな場面でも一旦はへこんで、反省めいた事を言うが、次の瞬間には、
「何事も、ポジティブに考えないと」笑顔を見せて、再度
「僕(私)は、ポジティブだから」
と締める。

この場合の
『ポジティブ:positive』は、「嫌なことがあっても、常に前向きに考える人」という事になる。

私も40代の前半までは、
「ポジティブ、それはそれでええわ」
と思っていた。

しかし、40も半ばを過ぎた頃から、この言葉を使う人の行動をよく見るか、思い返してみると、
「自分に都合のええよに考えて、人の事はどうでもええねんわ」
と、度々感じるようになった。

長らく感じていた事を、改めて整理すると、
「つまりは、自分が中心で、嫌な事があったら、
・なんでそないなったんやろか?
・自分のどこが悪かったんやろか?
・この先、どんな事に注意したらええんやろか?
ということを、全く考えもせぇへんということやな」
の結論に至った。

50半ばになった今、「ポジティブ」や「超ポジティブ」という言葉を使う人には、
『これは注意せな』
顔の上半分で笑って、口元だけは引き締める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧