2013年5月20日 (月)

大阪弁:しょぉない(仕様がない=仕方がない)

前回のブログに書いた私の睡眠時無呼吸症の治療は、CPAPという呼吸器を装着して眠る。
参考までに、私が使用中の帝人のCPAP治療法のHPには、イラストで装着図や詳しい説明がある。↓
http://www.teijin-pharma.co.jp/zaitakuiryou/cpap/cpap02_02.html

装着を始めた頃は、
「バンドやホースが、なんや体に巻きつくようで、眠りにくいわぁ~」
と感じたが、今や全く苦にならない。
以前に比べると昼間の眠気はかなり改善された。
「ええ調子や」
と喜んでいた。


だが、ここひと月はまた以前のように昼食後の眠気が襲ってくる。

担当の先生は、CPAPの機器に入っているデータチップの解析を月に一度の受診時に見て、
「眠り始めて3時間は深い睡眠状態で……それからは、どうなの?」
解析データを見て尋ねてくれた。
「ウトウト状態で、あんまり眠られへんのです」
と正直に答えた。
「CPAPを付けていても、そこからの空気漏れもないから、装着状態はいいのよ。何か理由があるの?」
優しく問いかけてくれた。
「騒音がひどぉて。マンションのどの部屋から出てる音か特定はちょっと無理やけど、気になる音が続いて」
『ほんまに困ってますねん』と顔に出ていたのだろう。
先生は、「よし! 心得た」とばかりに、
「耳栓をしてごらん。色んなタイプがあるから、自分に合うのを探して試してごらん。イヤンやヘッドホンで音楽を聴く方法もあるけど、CPAPの機器で頭や顔に付けている物が多いから、これ以上何かが付くのは嫌でしょ」
受診しての帰り道、早速、薬局で耳栓を買った。

寝る前は忙しい。
布団を敷く→お風呂に入る→CPAPの機器を取り出し装着準備→耳栓をする→CPAP装着完了→機器のスイッチ オン

「バタバタと忙しけど、安眠のためにはしょぉない(仕様がない=仕方がない)わ」
と呟いて目を閉じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

ビジネスマナー:「こりゃ、どもならん!」編

前々から、ヤフーオークションを利用している。
大阪弁で言う「セコ」・「セコハン」(=中古品<今風にいうならUSED>も、新古品も、新品もある。
運よく、「あぁ、うれし」と思う金額で落札できるときもある。

問題は、その後の『振込案内のメール』だ。
商品を出している人(=出品者)からのメールに、住所・氏名は書いてあっても、電話番号がない事も多い。
もっとひどい場合は、名前(姓)しか連絡してこない人もいる。

この時点で、「こりゃ、どもならんがな! なんぼなんでも、最低限のビジネスマナーというもんがおまっせ」と腹が立つ。

そこで下記のようなメールを先方に送る。

〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、電話番号がございません。

ネット取引はお顔の見えない商取引です。
急な連絡が必要な場合もございます。
連絡のつく電話番号を明記してくださいますか?

よろしくお願いします〟

名前(姓)しか表示してこない出品者には
〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、お名前の表示しかございません。

このオークションは見ず知らずの者同士が、ネットを通して、信用し、商取引を行うものです。

出品者の住所や電話番号の記載がないのは、当方の不安につながります。

当方の住所・氏名・電話番号は、すでに記しています。
あなた様の住所・氏名(フルネーム)・電話番号をお教えください。 

よろしくお願いします〟


書いている私の心中は
『お宅さんが振込案内をもろた時、思い出してみぃな。
 
・郵便番号
・住所
・会社名
・電話番号
・HPアドレス
・会社のメールアドレス
これだけのもんが書いてあったと思うのやけれど。
今回でいうたら、せめてお宅の電話番号<または、住所・氏名・電話番号>は書いておくべきこと』

カチンと来ている心を抑え、最後に『
よろしくお願いします』と書き、送信する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

お蔭さんで

「感謝します」
出会った後に、そんな言葉を貰う事がある。
「仕事での〝感謝します〟の言葉や気持ちは、ほとんどの場合、その時だけのもんやないやろか?」
近頃、そう思うことが多い。

私には愛しいご夫妻がいる。
お二人でお茶とお華の教室を開いており、私は12歳から20歳過ぎまで習っていた。
結婚・離婚・転居と、環境も生活場所も、その時々で変わった私だ。
そして今は、関西と関東と遠く離れたが、ずっとお二人は「あの子、どないしてるんや」と気にかけてくれている。

先日行った千代田区内での転居連絡を葉書で出すと、早速、華道担当の奥様:女先生から電話があった。
両先生共に85歳。
大きな手術を経て、女先生の体重は30kg台にまで落ち込み、
「週に1~2回、点滴で栄養補ってるんやけどね、毎日お父さんと色々喋りながら、楽しやってるんやで」との事。
お二人の体を案じ、こうして明るく過ごしてくれることに、私は「有難いなぁ~」と感謝している。

女先生は先生で、
「マンション住まいは慣れてるやろけど、ドア開けるときは、特に気ぃつけるんやで!」
「食べるもんは、しっかり食べてるんかい?」
53歳の教え子の身ぃを、相変わらず心配してくれる。
「うん、お蔭さんで、元気にやってんねん、センセ」
「それなら良かった。そやそや、甘いもんがええかい? 辛いもんがええかい? 何ぞ、贈ったげるわ」
の声に、私の甘えん坊ぶりは変わらずで、
「辛いもん、おかきがええ!」
と即答した。

電話を終えて、長年の両先生とのやり取りを思い返していた。
「感謝とは、決して一過性のもんではのぉて、感謝し、また感謝され、ご互いに思いを通わせ続けることやないやろか……挨拶代わりの〝感謝してます〟の何と薄っぺらいこと」
そんなミエミエの挨拶しかできない人の顔が浮かんできて、苦笑いした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月24日 (木)

朝は朝星 夜は夜星(あさはあさぼし よはよぼし)

〝懸命に働きなさい〟ということを、明治生まれの祖母は
「〝朝は朝星 夜は夜星(あさはあさぼし よはよぼし)〟とゆうて、朝はおほっさん(お星さま)がまだ空に残ってる時分(じぶん)から、夜は星が空に出るまで、一所懸命働くということや」
と教えてくれた。

昨夜、引っ越したばかりの部屋で横になったら、そのまま午前3時まで寝込んでしまった。

夜星の出る前の夕方、通りを隔てて建っている9階建てのビルの明かりをボケ~っと見ていた。

夜10時を過ぎても、そのビルの1フロアだけ明かりがついていた。
「働きもんの多い会社なんやろか?」
この時すでに、ボケ~度合は夕方よりも増して、眠くなっていた。

「ちょっとの間ぁだけ」のつもりで横になったら、そのまま眠ってしまった。
気づけば、午前3時。
レースのカーテン越しに、目の前のビルの明かりは、例の1フロアだけ点いたままだった。

「朝は朝星 夜は夜星やのぉて、朝は朝星 夜は夜星を過ぎて、また朝星迎えんねんわ。あのフロアでいてる人、いつ寝はんのやろ?(寝るのだろうか?)」
ボケ~度合は極限を超え、布団を敷いた覚えもないほどだったが、朝はきちんと布団の中で目を覚ました。


                                            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

こんじょわる(根性悪い)の男

1ルームマンションの部屋全面カーペットからの埃が原因かは定かでないが、
「母方のひいおばあちゃんは喘息持ちで、おとうちゃんかて喘息発作が60過ぎで出て……うちかて、いつかはなるんやろかぁ~なんておもてたら、喘息発作が起こってしもた」
というので、近くのフローリングのマンションに引っ越した。

引っ越しした夜、巡邏のおまわりさんがマンションのエントランスに立っていた。
「あの、なんぞ?」
と尋ねると、
「もしよければ、お住いの方のお名前など、この用紙に書いていただきたいのですが」
とのこと。
「今日、引っ越してきたとこですねん。ちょうど良かった。書かせて貰います。ご苦労様です」

記載途中で、すでにこのマンションの住人の男女が帰ってきた。
コンビニの袋を手に持った30代の男性は、おまわりさんの説明に不機嫌に応対し、
「この夏に出るんですよね。書いても無駄になるんで」
と言って、後ろにきれいな女性を連れて玄関の中に消えていった。

この男性の態度にムカムカした。
『ちょっとそこのこんじょわるの兄ちゃん(根性の悪いお兄さん)、あんたが留守の時に、このきれいな子ぉになんぞあったら、あんたどないするん? 110番せぇへんのんか?!
あんたなぁ、なんぞごとの時のために、こないして、夜、おそうなったかて(遅くなっても)、一人、一人に聞いてくれてるんやないの。
何が〝夏に出るん書いても無駄〟やねん!』
心の中でここまで一気に言ったが、口から出た言葉はおまわりさんに向かって、
「色んな人がいてるさかい、大変ですね」
だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

テレビのない生活

今住んでいるワンルームマンションには、テレビがない。
今年のお正月、父がそれを聞いて、
「何! テレビも買われへんのか?!」
53歳で初の一人暮らしを始めた娘を心配しての言葉と分かっているけれど、
「テレビも買われへんのか、お前は!!」
語気荒く言われると、叱られているようだ。

見かねた妹が、
「違うって。姉ちゃん、テレビ、買われへんのやのぉて、置きたないねんて」
と言葉を添えてくれた。

しかし、父の耳にはもう入らない。
何しろ、思い込みが激しい性格だ。
「テレビも買われへんとは、お前、なんでや?!」
今度は問い詰め口調に変わった。

「そやから、トッチャン(実妹をずっとこう呼んでいる)が言うてくれたよに、テレビ、部屋に置きたないねん」
と答えたが、無駄だ。
「お前、テレビくらい……どないかせぇ!」
心配から怒りに変化した父の心を落ち着かせるため、
「はぁい」
と返事をした。

『お父ちゃん、うち、もう今年で54になるねん』
心配は有難かったが、複雑な思いも同時に抱いた。

4月もあっという間に終わろうとしている。
テレビは今もって買っていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

ほんま、ええ場所やねん

現在、都内 神田のワンルームマンションで一人で住んでいる。
快適な暮らし、だった。
ところが、元々部屋中一杯に敷き詰めてあったカーペットの埃のせいか、女、53歳の体調変化の時期にぶち当たっていたのか、理由は定かではないが、喘息発作を起こすようになった。

「よぉ考えてみたら、うちは父方・母方共に、喘息もちの人がいたわ」
気になって、妹に電話で話すと、
「姉ちゃん、ほれ、去年、うち、ものすご喘息出て、ほんで治療してたの、言うてへんかったった?」
と言われ、
「……聞いたよな、聞かんかったよな」
と曖昧な返事をしてしまった。


関西に月に一度、主宰する文章教室の授業をするために帰る。

毎月第2の日曜日の早朝に神田を出て、午前6時台の新幹線に乗車。
東京→新大阪→梅田→兵庫県:西宮北口教室(授業)→奈良県:学園前教室→大阪(泊)
翌月曜日の朝、宿泊先の地、大阪を出発。
京都府:丸太町教室(授業)→大阪府:大阪市京橋教室(授業)→新大阪→東京着。
山手線なら東京駅から一駅乗車ですむ神田。そこで降りて、自宅に戻る。

この日程があるので、東京駅に近い神田は
「ほんま、ええ場所やねん」
ということで、〝喘息の改善になれば〟で、現在の住居の近所でフローリングのマンションを探した。

「喘息発作がおこるやなんてなぁ~」
老いとまではいかないが、加齢による体の変化は日々感じるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

けちくさいことしぃなや(=ケチケチしないでね)

昨夏、都内で初の一人暮らしを始めるまで、一体、何度転居したのだろうか?
結婚してるときに5回。
離婚して3回。
そして、一人暮らしの今で1回。

「ほぉ~、9回目がこのワンルームマンションやわ」

その間に、私がほしかったのは、自分専用の文机だけだった。
本は、段ボールに入れてでもどうにか収納がつくが、
「気持ちよぉ書ける場所だけはほしい」とだけ思ってきた。

結婚している間は、夫主体の生活で、専用文机の夢は叶えられなかった。
離婚してから、転居のたびに大きさや形が変わり、使う文机の形態は変わったが、夢は叶った。

9回の転居を経た娘に、母は毎回言う言葉がある。
「あんた、鏡台ないやないの。ほんまに、もう、家具屋の娘やのに、けちくさいことしぃなや」

母は嫁入り道具の鏡台を大事に使い、その三面鏡の前で、朝の化粧をし、夜にはきちんと化粧を落として休む。
鏡台の前から一日が始まり、三面鏡の鏡を閉じて一日が終わる。
その母からしてみれば、転居を繰り返すたび、
「あんた、鏡台は?」と私に問い
「えっ? いらんもん」と答えられ、
そこを押して何とか、
「そやけど、姿見くらいはいるで。せめて出かけるときには、全身見てから出ていかな」
というので、壁掛け用の姿見だけは、どこの家にも吊るしてあった。

「家具屋の子ぉが、けちくさいことしぃなや」
と言われ続けてきたが、
「これから先も、うち、鏡台も三面鏡も、ドレッサーも使えへんやろなぁ」
母には悪いが、今朝も小さな手鏡でリップだけを塗ってそう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

せんないこととは分かっていても

「今後の仕事の広がりを望むのなら、facebookを使った方がいい」
「twitterもした方がいい」
「facebookもtwitterも、どちらを先に始めてもいいけれど、どちらもした方がいい」

私の周囲でもこんな意見を聞き、
『どこか本意ではないんやけど……』
の思いが消えないままで、facebookだけは今も、ほん、たま~に書いている。

知り合いの誰かが書いた『○○駅前で、ラーメンなう』
そんな文字を見て、
「へぇ~」で終わるときもあれば、
「まぁ、えらい今日は遠い所で仕事してるんやわ」と思うこともある。

プライベートな情報と、会社で行っている新企画案内の情報を、どんな割合で入れていくかも考えて行っている人も多く、その事実に
「えらい、賢い人やこと」
と素直に尊敬もする。

けれど、私は少なくても
『○○でラーメンなう』は書かない。
私の基準では、それはあまりにも私的過ぎる情報だからだ。
ただし、『○○でラーメンなう。トッピングにダチョウの煮卵』とか、「えっ! そんなんありなん?!」と驚くような事実があると、写真付きで載せると思う。

せんないこと(大阪弁:仕方がない)とは分かっていても、
ひっきりなしにiphoneなどで、今、身の回りに起こった〝あまりにも私的過ぎる情報〟を文字入力している人の姿を見ると、
「うちにとっては、せちからい(世智辛い:世渡りがしにくい)ことになったわ」と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月30日 (金)

辰のお飾りに手を合わせ

2011123015460001_4年末年始、一人都内のワンルームマンションで、仕事をしながら過ごす。


「本当に病室みたい」
部屋に来た人のほとんどが感じることらしい。

「そうかなぁ? うちにとってはええ塩梅の部屋なんやけど」
と思っている。



「人が休んでいるときに仕事とは気の毒に」
不憫に思ってくれた人から、松・葉牡丹・干支の辰まで飾られたお花が届いた。

「お花はいつもろたかて、嬉しい♪♪♪」
早速、病室と呼ばれる部屋の窓側に飾った。

来年は辰年。
「仕事、伸びていきますように」
辰のお飾りに手を合わせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧