2012年8月28日 (火)

ビジネスマナー:「こりゃ、どもならん!」編

前々から、ヤフーオークションを利用している。
大阪弁で言う「セコ」・「セコハン」(=中古品<今風にいうならUSED>も、新古品も、新品もある。
運よく、「あぁ、うれし」と思う金額で落札できるときもある。

問題は、その後の『振込案内のメール』だ。
商品を出している人(=出品者)からのメールに、住所・氏名は書いてあっても、電話番号がない事も多い。
もっとひどい場合は、名前(姓)しか連絡してこない人もいる。

この時点で、「こりゃ、どもならんがな! なんぼなんでも、最低限のビジネスマナーというもんがおまっせ」と腹が立つ。

そこで下記のようなメールを先方に送る。

〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、電話番号がございません。

ネット取引はお顔の見えない商取引です。
急な連絡が必要な場合もございます。
連絡のつく電話番号を明記してくださいますか?

よろしくお願いします〟

名前(姓)しか表示してこない出品者には
〝この度は、お世話になります。
商品を落札致しましたが、○○様からのご連絡には、お名前の表示しかございません。

このオークションは見ず知らずの者同士が、ネットを通して、信用し、商取引を行うものです。

出品者の住所や電話番号の記載がないのは、当方の不安につながります。

当方の住所・氏名・電話番号は、すでに記しています。
あなた様の住所・氏名(フルネーム)・電話番号をお教えください。 

よろしくお願いします〟


書いている私の心中は
『お宅さんが振込案内をもろた時、思い出してみぃな。
 
・郵便番号
・住所
・会社名
・電話番号
・HPアドレス
・会社のメールアドレス
これだけのもんが書いてあったと思うのやけれど。
今回でいうたら、せめてお宅の電話番号<または、住所・氏名・電話番号>は書いておくべきこと』

カチンと来ている心を抑え、最後に『
よろしくお願いします』と書き、送信する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

ツケでこぉた花かんざし(ツケ<月末清算>で買った花かんざし)

満開の桜の花を下から見あげて、
「ほんまに、花かんざしみたいや~」
溜息を洩らしながら、見入ってしまう。

小さな頃、花かんざしを数本持っていた。
髪が長く、普段は祖母に三つ編みにして貰っていたが、お正月には、祖母行きつけの〝髪結いさん〟(=美容院)で、『新日本髪』を結い上げて貰っていた。

「今年は、ほんちょっと桃割れみたいに、ゆうて(結って:ゆって)みたけど。おばあちゃん、どないです?」
必ず、髪結いさんは祖母に確認をとって、
「よぉでけたわ。赤い鹿の子も髪の間から見えて、映えるなぁ。よろし、よろしわ」
と祖母は応えた。

その後、今年用意の花かんざしを前髪部分にそっと挿し入れて、出来上がりだ。

昭和30年代半ば、花かんざしは、年末になると祖父に手を引かれて、町の小さな化粧品や髪飾りなどの小間物を置いている店に買いに行った。
買ってくれることに、正直、喜びはなかった。
というのも、
「ツケ(大阪弁:<大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫 より抜粋>月末勘定)にしといてんか」
そういうのが分かっていたからだ。

まだまだ幼い子が、ムスッとした大人びた表情で祖父を見て、
「どうせ、ツケなんやろ」
と言ったことを鮮明に覚えている。
『おじいちゃんやのぉて、おばあちゃんが払うんやろ』
と思うと、申し訳なくて、祖父に笑顔は見せられなかった。

しかしだ。
髪結いさんで、花かんざしを挿して貰った瞬間から、嬉しくて、笑顔は一日中持続した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

けちくさいことしぃなや(=ケチケチしないでね)

昨夏、都内で初の一人暮らしを始めるまで、一体、何度転居したのだろうか?
結婚してるときに5回。
離婚して3回。
そして、一人暮らしの今で1回。

「ほぉ~、9回目がこのワンルームマンションやわ」

その間に、私がほしかったのは、自分専用の文机だけだった。
本は、段ボールに入れてでもどうにか収納がつくが、
「気持ちよぉ書ける場所だけはほしい」とだけ思ってきた。

結婚している間は、夫主体の生活で、専用文机の夢は叶えられなかった。
離婚してから、転居のたびに大きさや形が変わり、使う文机の形態は変わったが、夢は叶った。

9回の転居を経た娘に、母は毎回言う言葉がある。
「あんた、鏡台ないやないの。ほんまに、もう、家具屋の娘やのに、けちくさいことしぃなや」

母は嫁入り道具の鏡台を大事に使い、その三面鏡の前で、朝の化粧をし、夜にはきちんと化粧を落として休む。
鏡台の前から一日が始まり、三面鏡の鏡を閉じて一日が終わる。
その母からしてみれば、転居を繰り返すたび、
「あんた、鏡台は?」と私に問い
「えっ? いらんもん」と答えられ、
そこを押して何とか、
「そやけど、姿見くらいはいるで。せめて出かけるときには、全身見てから出ていかな」
というので、壁掛け用の姿見だけは、どこの家にも吊るしてあった。

「家具屋の子ぉが、けちくさいことしぃなや」
と言われ続けてきたが、
「これから先も、うち、鏡台も三面鏡も、ドレッサーも使えへんやろなぁ」
母には悪いが、今朝も小さな手鏡でリップだけを塗ってそう思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

やつし(=おめかしや)の祖父の腕時計

大阪弁の『やつし』とは、「おめかしや」や「おめかしするのが好きな人」という意味だ。
けれど、「おめかし」という言葉自体、昨今はピンと来ないように思う。

現代で分かる表現なら、「おしゃれ」や「ハイセンス」や「ファッショナブル」というところだろうか。

明治生まれの祖父は、町内では「やつしの松はん(=おめかしやの松尾さん)」で通っていた。
着物なら羽織の裏に凝り、長襦袢に絞りで小さく『松尾』と染め抜いた物を着ていた。
ジャケットも「それ、どこへ着て行くん?」というような派手な柄行の物も買ってきた。

祖父が使っていた腕時計を、私はたまに身につける。
金色に輝く大振りの腕時計は、やはり目を引く。
ところが、今日はその腕時計をパーカーのポケットに入れたまま、洗濯してしまった。

パーカーを干そうとしたときに、ポトッと落ちた。
「うわっ! えやいこっちゃ!!」
手巻きで、防水機能はついていない。
直ぐに耳に当て、音を聴いた。
〝チッチッチッチッ〟
規則正しいいつもの音が聴こえる。
安心した。
が、しばらくこのまま動くのか様子を見るために、机の上に置いて
「堪忍な。ほんまに堪忍してな」と謝り、時々手に取り撫でさすっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

大阪弁:「たとい(=たとえ)」

昭和30年代の後半、育った町内には、色んな人達が暮らしていた。
元やくざだった散髪屋のおっちゃんは、普段は温厚だが、「キッと睨んだ時の顔は、やっぱり他の人とはちがうな」と母は言った。
背中の彫りもん(=刺青)は、決して町内の人には見せなかった。
「一遍だけ、チラっと見えたことあった」と思い出した。
暑い夏の昼間、半袖の袖口が捲れて、濃紺の曲線の一部を見たが、別に驚きもしなかった。

おっちゃんの弟のシゲやんもやくざの世界に長くいて、時々、フラっと町内に帰ってきた。
そんなとき、遊び相手もいない幼い私に、「するか?」と声をかけてくれ、ボール遊びをしてくれた。
シゲやんの彫りもんは記憶にあったので、そのお兄ちゃんである散髪屋のおっちゃんの彫りもんをチラッと見ても、「ふ~ん」という程度だった。

祖父は、「たとい(=たとえ)どんな事があっても、お前が生きてたらええんや」と、平気で他人の前でも口にする人だった。
「あのせぇだい遊んでた松はんが(=あんなにどっぷりと女遊びをしていた松尾さんが)」と、祖父の60代までの人生を知っている人は、私が生まれてからの豹変ぶりに驚いたそうだ。
散髪屋のおっちゃんもシゲやんも、祖父の孫への溺愛ぶりを呆れていたが、町内の年上の人間には直接何も言わなかった。
ただ、いつも祖父と私が手を繋いで町内を歩いていると、「お出かけかい? ええな」と笑って見送ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

大阪弁:「八掛(はっかけ)=着物の裾廻し」

お正月が近くなると、雑誌で着物関連の記事を見る機会が増える。

叔母が呉服商で、折に触れ、「ええ反物でたさかい、白生地のままこうといたら(買っておいたら)?」と母に声がかかった。
母は「嫁ぐようになって一遍に支度も大変やよって、ええもん(お値打ち品)出た時にこうとこ(買っておこう)」と、せっせと白生地の反物を買って、家に置いていた。

1958年(昭和33年)生まれの私も、10代半ばになると体も大きくなり、「そろそろ、あの反物で晴れ着作ったらどない?」と、叔母は母に勧めた。
叔母の頭には、家にある反物の地模様から生地の厚さまで全てが入っていて、「来年のお正月に着せるんやったら、ほれ、地模様に雲が描いてある、あの白生地を染めよか。あれは重めの生地やよって、年齢いってから染替えしたかて、充分着られるわ」
細かいアドバイスがあって、母はその言葉に従った。

叔母の所には女の子がいなかったので、可愛がって貰った。
色見本や着物の柄見本を好きなだけ見て、「これにする」と言うと、「ほな、八掛は……」と、ここから叔母のセンスが光る八掛(着物の裾廻し)選びが始まる。

出来上った着物の八卦を見るため、チラッと裾を捲る時が、一番嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

大阪弁:じじむさい(=垢抜けしない)

出かける支度に時間がかかる事が多くなった。
着物なら、「この着物に、この帯で、帯揚げはこっち」と、即座に決定するのに、時に洋服だとなかなか決まらない。

原因は体型の変化だ。
腰回りの肉付きが、全体のバランスを崩している。
「ほんまに、浮き輪をつけたよな体や」と嘆いても、悪いのは自分だ。

「ちょっと歩いたら」
「運動しぃや」
「プール通いもええみたいやで」
周囲は好意で教えてくれ、その時は素直に「うん、うん」と頷いている。
「頷くだけではあかんわな~。動かなな~。そやさかい、こんな……」と言っては、腹部と腰回りを触ってみる。
ソフトな肌触りが、却って忌々しい。

「何着てもじじむさい!」
『じじむさい』とは、「垢抜けしない・着映えがしない」の意味を持つ大阪弁だ。
綺麗な言葉ではないが、忌々しさも頂点に達し、今朝も鏡の前でつい言ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

ちょっとやそっとの事で進みまへん:買いもん編

母との買いもんは、ちょっとやそっとの事で進まない。
『ちょっとやそっと』とは、大阪弁で「簡単にはできそうもない・容易く(たやすく)思うところに到達しない」の意味を持つ。

母は、あれこれ品定めに時間がかかるのとは違う。
決断力は抜群の速さを持つ。

しかしながら、母は、お店の人に自分の周囲の事だけを例に挙げ、伝えたい事を話そうとするので、「これは、ちっと(=少々)難儀や」となる。

「このズボン、この裾。ここ、もっとやまもっさん(山本さん)の穿いてたズボンみたいに、ガバッと開くよになったのないやろか?」
お店の人には、『山本さんの穿いていたズボン』など分るはずもない。
が、母の話は続く。
ごくごく狭い地域でしか分らないお店の名前や、母の友人知人の名前が次々に登場する。

やむなく、こうなると私が偽装店員になり、母を接客するという設定の小芝居をする。
「お客様、その山本さんとおっしゃる方は、お客様のご友人で、その方の穿いていらしたズボンの裾の形が、お気に召していらっしゃるのですね」と問いかける。
「そう、そう」と母は答える。
ここでお店の人に目配せして、『すんませんけど、これからの話、聞ぃといて貰えませんか』と合図をすると、大抵、頷いてくれる。

「ではお客様、その裾の形ですが、実際ご覧になった時の形を、お教え下さいませんか? 裾のどの部分が、どのようにガバッと開くのでしょうか?」
情報収集の済んだところで、お店の人がにこやかに、母の希望の商品を「こんな感じでしょうか?」と持ってきてくれる。
母は大満足だ。

「めでたし、めでたし」とするために、近頃は、店頭で小芝居をするのも上手くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 5日 (日)

大阪弁:「マイマイコンコ」&コラボ企画六日目

口に出してみると、「かいらしなぁ(=可愛いな)、この言葉は」と思う大阪弁は仰山ある。
『マイマイコンコ(=クルクル回ること)』もその一つだ。

小さな頃、座敷で両手を広げてクルクル、クルクルと回る遊びをしていた。
「目ぇ回る~」の感覚が可笑しくて、フラフラしながら繰り返していた。

心配性の祖父が「ええ加減にしとけ。マイマイコンコも、そないしてたら、最後にデーンとこけて、頭打つやろ」と注意をした。
祖母の一言はズシンと心に響くが、かまいたがり(=すぐに世話をしたがる人)の祖父の言葉には反抗したくなる。
「マイマイコンコ、マイマイコンコ」と、呪文のように唱えながら回っていたが、そう大して時間もかからず、祖父の見ている前で足がもつれてデーンとこけた。
「ほれ、見てみ」と祖父は言った。

モノづくり企業と主宰する【松尾成美 話すように書く文章教室】の受講生とのコラボ企画:<文創りのエチュード>

六日目は
、〝剃刀ケースを見て、触って、そこから思いを綴ったエッセイ。
掲載作品は、
http://www.hakoya.biz/blog/information/item_653.html
          ↑
『人は見かけが九割』
「何だ、それ?」
この言葉から始まるエッセイ。
読んで下さった方の「そうやね」と頷く姿や、ニマッと笑う姿を、私は勝手に想像している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

twitter で呟いて貰えて、おおきに。産経新聞に記事掲載、おおきに。

「twitter で呟いて貰えて、有難い事」と、感謝の日々が続きます。
  ↓

http://twitter.com/wskitamura

<内容>
モノづくり企業と文章講座受講生のコラボ企画の新聞記事。世間&ニーズを意識した、コラボ企画のお手本。発案者は、放送作家の松尾成美氏。

http://www.sankei-kansai.com/2010/09/03/20100903-043203.php
  ↑
こちらは産経新聞・関西のWEB版。
本日(9/3)産経新聞 朝刊 大阪版に、現在進行形の新企画:『文創りのエチュード』 ~文章教室と中小企業とのコラボ企画~の記事掲載があったのです。

今日は四日目。
http://www.hakoya.biz/blog/information/item_651.html
使用箱:カーボンファイバーで作られた「マネークリップ」です。

「どんなお話かと、ちょっと覗いて貰えたら」と願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧