« ビジネスマナー:足らん所をおぎのうて(補って) | トップページ | 大阪弁:しょぉない(仕様がない=仕方がない) »

2013年5月10日 (金)

睡眠時無呼吸症候群

『睡眠時無呼吸症候群』
この言葉を耳にした人は多いと思う。

「うち(私)、これやろかぁ??」
ボンヤリ、モヤモヤとした気持ちがわいてきたのは、もうどのくらい前かも思い出せない。

ただ、18年程前には、昼間の耐えられない眠気は、昼食をとると余計に増していた。
それもあって、外で仕事をするときは、昼はコーヒー程度で済ませていた。
食べるのが遅い私には、昼食時の込み合った喫茶店や、ファミレスで食事をするのは、
「うち一人で、長いこと座ってしまうことになる……お店側にとったら、敵わんことやろし」
という気持ちもあった。
「昼食はコーヒー1杯で充分や」と、精神面でもこの方が気楽だった。


ところが、いびきは次第にひどくなっていき、目覚める直前、自分のいびきに気が付くようになった。


東京に来て、〝かかりつけのお医者さん〟になって下さる良心的な先生と巡り合えた。
先生の紹介で『睡眠時無呼吸専門の病院』を紹介してもらい、検査を受けた。
「閉塞性睡眠時無呼吸症候群で、症状は重度寄りの中度」の結果が出て、現在はCPAPを装着して寝ている。

*参考までに、ウィキィペデアの『睡眠時無呼吸症候群』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%99%82%E7%84%A1%E5%91%BC%E5%90%B8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
を読んでみてもらいたい。
「あれ? ひょっとして、僕も(私も)、これ?!」と思い当たる人がいるかもしれない。

『睡眠時無呼吸症』と聞けば、
「痩せなさい。痩せれば治るのよ」の一点張りの人にも出会った。

たしかに症状の軽減や治すためには、痩せる事も大事だ。
しかしながら、私の場合は〝顎が小さい〟事が原因にもなっているので、
「痩せただけでは、うちは、あかんねん。素人考えだけやと、こわいで」
と考える。

もしも、「睡眠時無呼吸かも?」と思う人がいたら、早めに専門医に診て貰うことをお勧めする。

|

« ビジネスマナー:足らん所をおぎのうて(補って) | トップページ | 大阪弁:しょぉない(仕様がない=仕方がない) »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157213/51569653

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠時無呼吸症候群:

« ビジネスマナー:足らん所をおぎのうて(補って) | トップページ | 大阪弁:しょぉない(仕様がない=仕方がない) »