« 2013年3月 | トップページ

2013年5月

2013年5月20日 (月)

大阪弁:しょぉない(仕様がない=仕方がない)

前回のブログに書いた私の睡眠時無呼吸症の治療は、CPAPという呼吸器を装着して眠る。
参考までに、私が使用中の帝人のCPAP治療法のHPには、イラストで装着図や詳しい説明がある。↓
http://www.teijin-pharma.co.jp/zaitakuiryou/cpap/cpap02_02.html

装着を始めた頃は、
「バンドやホースが、なんや体に巻きつくようで、眠りにくいわぁ~」
と感じたが、今や全く苦にならない。
以前に比べると昼間の眠気はかなり改善された。
「ええ調子や」
と喜んでいた。


だが、ここひと月はまた以前のように昼食後の眠気が襲ってくる。

担当の先生は、CPAPの機器に入っているデータチップの解析を月に一度の受診時に見て、
「眠り始めて3時間は深い睡眠状態で……それからは、どうなの?」
解析データを見て尋ねてくれた。
「ウトウト状態で、あんまり眠られへんのです」
と正直に答えた。
「CPAPを付けていても、そこからの空気漏れもないから、装着状態はいいのよ。何か理由があるの?」
優しく問いかけてくれた。
「騒音がひどぉて。マンションのどの部屋から出てる音か特定はちょっと無理やけど、気になる音が続いて」
『ほんまに困ってますねん』と顔に出ていたのだろう。
先生は、「よし! 心得た」とばかりに、
「耳栓をしてごらん。色んなタイプがあるから、自分に合うのを探して試してごらん。イヤンやヘッドホンで音楽を聴く方法もあるけど、CPAPの機器で頭や顔に付けている物が多いから、これ以上何かが付くのは嫌でしょ」
受診しての帰り道、早速、薬局で耳栓を買った。

寝る前は忙しい。
布団を敷く→お風呂に入る→CPAPの機器を取り出し装着準備→耳栓をする→CPAP装着完了→機器のスイッチ オン

「バタバタと忙しけど、安眠のためにはしょぉない(仕様がない=仕方がない)わ」
と呟いて目を閉じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

睡眠時無呼吸症候群

『睡眠時無呼吸症候群』
この言葉を耳にした人は多いと思う。

「うち(私)、これやろかぁ??」
ボンヤリ、モヤモヤとした気持ちがわいてきたのは、もうどのくらい前かも思い出せない。

ただ、18年程前には、昼間の耐えられない眠気は、昼食をとると余計に増していた。
それもあって、外で仕事をするときは、昼はコーヒー程度で済ませていた。
食べるのが遅い私には、昼食時の込み合った喫茶店や、ファミレスで食事をするのは、
「うち一人で、長いこと座ってしまうことになる……お店側にとったら、敵わんことやろし」
という気持ちもあった。
「昼食はコーヒー1杯で充分や」と、精神面でもこの方が気楽だった。


ところが、いびきは次第にひどくなっていき、目覚める直前、自分のいびきに気が付くようになった。


東京に来て、〝かかりつけのお医者さん〟になって下さる良心的な先生と巡り合えた。
先生の紹介で『睡眠時無呼吸専門の病院』を紹介してもらい、検査を受けた。
「閉塞性睡眠時無呼吸症候群で、症状は重度寄りの中度」の結果が出て、現在はCPAPを装着して寝ている。

*参考までに、ウィキィペデアの『睡眠時無呼吸症候群』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E6%99%82%E7%84%A1%E5%91%BC%E5%90%B8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4
を読んでみてもらいたい。
「あれ? ひょっとして、僕も(私も)、これ?!」と思い当たる人がいるかもしれない。

『睡眠時無呼吸症』と聞けば、
「痩せなさい。痩せれば治るのよ」の一点張りの人にも出会った。

たしかに症状の軽減や治すためには、痩せる事も大事だ。
しかしながら、私の場合は〝顎が小さい〟事が原因にもなっているので、
「痩せただけでは、うちは、あかんねん。素人考えだけやと、こわいで」
と考える。

もしも、「睡眠時無呼吸かも?」と思う人がいたら、早めに専門医に診て貰うことをお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ