« ビジネスマナー:時には、かいしょもん(甲斐性者)に成ってみたらどないだす | トップページ | 「あほのあほ」・「あほのかしこ」・「かしこのあほ」・「かしこのかしこ」 »

2013年2月22日 (金)

綺麗な大阪弁

月に一度は、主宰する文章教室の授業のため、関西に行く。

都内、千代田区神田に住んで1年半が過ぎた。
順応性がいいのか、幾度も転居をしてきたせいか、
「うちは、一旦住んでたとこ(所)から離れたら、実家も、大阪も、皆々、〝帰る〟とこやのぉて、〝行く〟とこになってしもてから」
自分の持つ習性がおかしくて、クッっと笑ってしまう。


授業の前に立ち寄る場所があったので、大阪駅前でタクシーに乗って、先ずそこに向かった。
車に乗るなり(=乗ってすぐ)、
「運転手さん、ほんそこまでで(=ほんのそこまでの短い距離で)、えらい悪おますけど……場所、ここですねん」
場所を示した地図を渡した。
「あぁ、ここなら、裏から抜けた方が早いですわ(=裏道を通った方が早いですね)」
と行先を確認して、出発した。

「お客さん、えらい綺麗な大阪弁ですな」
発車してすぐ運転手さんは言った。
『うちの話し言葉が、えらい綺麗な大阪弁やなんて……もうこんな喋り方する人は、ほんまにいてへんようになってしもたんや』
と思った。

運転手さんは70歳近く見えた。
『この年代の人ら(=人たち)がのぉなったら、綺麗な大阪弁すらも分かれへんよになるのとちがうやろか?』
そんな思いも浮かんだ。

言葉は生き物だ。
大阪弁も変化し続けている。

大阪弁の死語は増え、
「何いうてんの?」
という顔をされることもあるので、話す相手を見て使う言葉を選んでいる。

『とは言うても、古い大阪弁を使えるお人と話してる時が、一番気ぃよお(=気持ちよく)話せるわ』


「ほんそこまで」と告げた目的地までは、あっという間に着いた。
「おおきに、おおきに。助かりました」
礼を言い、車を降りた。
「ほな、気ぃつけて」
送り出してくれた運転手さんの一言が、嬉しかった。

|

« ビジネスマナー:時には、かいしょもん(甲斐性者)に成ってみたらどないだす | トップページ | 「あほのあほ」・「あほのかしこ」・「かしこのあほ」・「かしこのかしこ」 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

吉本芸人が全国ネットテレビで喋っているドぎつい言葉が大阪弁のように思われるのが悲しい。

口調も本来、平松前大阪市長のように優しい喋り方だった筈です

投稿: こもあ | 2014年4月 9日 (水) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157213/49576523

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗な大阪弁:

« ビジネスマナー:時には、かいしょもん(甲斐性者)に成ってみたらどないだす | トップページ | 「あほのあほ」・「あほのかしこ」・「かしこのあほ」・「かしこのかしこ」 »