« ビジネスマナー:専門用語は噛み砕いて伝える | トップページ | ビジネスマナー:時には、かいしょもん(甲斐性者)に成ってみたらどないだす »

2013年1月23日 (水)

ビジネスマナー:大事なんは、借りる時より返す時

『人に○○を借りる』
とくれば、
○○に入るのは、
時に〝力〟=自分にはない能力
時に〝恩〟=温情をかけてもらう
時に〝時間〟=忙しい相手の貴重な時間を割いてもらう
そして、
時に〝お金〟である。

形のないもの、形のあるものと、借りるものは
「その時によって、ちごてくるわ(違ってくる)」

人は勝手なもので、
「借りるときは、そらもう懸命に言葉や態度で〝窮地を救ってほしい〟〝今さえしのげれば〟の思いを込めて言うのに、返す時は、あの〝窮地を救ってくれて助かった〟の気持ちが、まるで元々なかったかのようになるんが、まぁ~常(つね)やわな」

けれど、ビジネスをしていく上で、借りた○○を返す折の真摯な態度があれば、
「こいつに貸して良かった」
「あの時、微力でも力になっておいて良かった」
と、貸した方は思い、
『おきばりやす(頑張れ)』
口には出さずともエールを送る。


返す時の真摯な態度があればこそ、〝信用〟がつき、次の難題に当たって右往左往している時に
「おい、力、貸したろか?」
と、また○〇を貸してくれ、助けてくれる人が現れる〝源〟になる。

どんな時でも、どんな事でも、
「大事なんは、借りる時より返す時でっせ」

こんな事は、ビジネスマナーとしては誰も教えてくれないかもしれない。
けれど、これはビジネスマナー+人としての基本だ。

今年で55歳の私からしてみれば、息子のような年頃の起業家達を見るたびに
「借りる時より返す時の態度で、伸びていく人、消えていく人が決まるいうても、おかしないねんで」
と思っている。

|

« ビジネスマナー:専門用語は噛み砕いて伝える | トップページ | ビジネスマナー:時には、かいしょもん(甲斐性者)に成ってみたらどないだす »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157213/48907770

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー:大事なんは、借りる時より返す時:

« ビジネスマナー:専門用語は噛み砕いて伝える | トップページ | ビジネスマナー:時には、かいしょもん(甲斐性者)に成ってみたらどないだす »