« 50半ばの交渉術 | トップページ | 何やって食べてんのや? »

2012年11月 5日 (月)

来年どころか来世の事言うたら、鬼が笑いますやろか

家の中でも手を繋ぎ、
「おっぱして(=おんぶしてほしい)」と言わぬ間に、
「ほれ、おっぱしたろか」と屈んで背中を見せた祖父だった。

愚かなほどの盲愛ぶりに、家のもん(=家人)は呆れ果てた。
町内のおっちゃんやおばちゃんからは、
「松はん(まつはん=松尾さん)のおもちゃやがな」の言葉も出た。
が、そんな事は一切気にすることもなく、
「孫の可愛さいうもんは、こりゃもう、特別や」
と言っていた。

祖父は明治33年(1900年)生まれ。
たった一人の実の娘を、7歳で亡くしている。
養子にした私の父と嫁いできた母との間にできた血の繋がりのない孫。
それが私だ。

昭和33年(1958年)生まれの孫の私への愛情のかけ方は、
〝のぉなった(=亡くした)娘の代わり〟というよりは、
〝わし好みの女に育てあげたい〟の感が先行していたように思う。

幸か不幸か、祖父は気の強い女が好きで、
「お蔭で、うち(=私)かて、そないなって」
と苦笑いしてきた。

今は50代半ば。
祖父は、私が25歳の時に彼岸に渡った。
「ほな、あれやわ。おじいちゃんとは、四半世紀(=25年間)ほど離れてるんやわ」
ふと口にした〝離れてるんやわ〟に気付いて、
「〝離れてるんや〟やなんて言うてしもたわ。この分やったら、来世かて、どこぞで生まれて、またおじいちゃんと孫の関係でいくんやろなぁ~」
祖父の顔がチラついて、プッと吹き出してしまった。

|

« 50半ばの交渉術 | トップページ | 何やって食べてんのや? »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年どころか来世の事言うたら、鬼が笑いますやろか:

« 50半ばの交渉術 | トップページ | 何やって食べてんのや? »