« ほんまの『いとさん』・『とぉさん』 | トップページ | 『ポジティブ』に要注意! »

2012年9月21日 (金)

マナー:先さんのことを考えて

明治生まれの祖母と一緒に出掛けるときは、
「先さん(さきさん:先様(さきさま)=先方(せんぽう)のことを考えて」
行動することが何よりも優先された。

大阪の親戚の家に行く際は、早めに家を出る。
親戚の主:北川(仮名)のおっちゃんが、いつも頼んでいる酒屋さんに立ち寄り、
「北川はんとこ、今も○○のお酒だすか?」
と尋ね、
「そうだすわ。変わってしまへんな」
の返事を確認してから、
「ほな、1本、届けてといておくんなはるか(=それなら、一升瓶1本を、先方に届けておいてください)」
熨斗(のし)の表書きを伝えて店を出る。

「(約束の時間まで)まだ間(ま)ぁあるさかい」
というので、商店街の喫茶店に入る。
注文は、夏でも冬でも祖母はホットコーヒー、私はクリームソーダと決まっていた。

腕時計を見て、
「さぁ、ぼちぼちと」
席を立ち、会計を済ませて店の外に出る。

約束の時間に先方に着くころには、先触れ(さきぶれ=前触れ)のように、さっき頼んであったお酒も届いていた。
先に届けておくことで、先方のお茶の用意や心の準備もできる。
私たちは喫茶店で休憩をしてから、約束の時間通りに着く。

今、仕事でもプライベートの場面でも、祖母のような気配りをしてくれる人は少ない。
気配りを欠いた人に出会うたびに、祖母のよく口にした
「先さんのことを考えて」
が脳裏に過り、
『まぁ、色んな人がいてるさかい、しゃぁないわ~』
苦笑いしてしまう。

|

« ほんまの『いとさん』・『とぉさん』 | トップページ | 『ポジティブ』に要注意! »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マナー:先さんのことを考えて:

« ほんまの『いとさん』・『とぉさん』 | トップページ | 『ポジティブ』に要注意! »