« 『腐っても鯛』>『出世魚の鰤』 | トップページ | ほんまの『いとさん』・『とぉさん』 »

2012年9月 7日 (金)

ビジネスマナー:わが身定規

「お宅の常識、世間では非常識って言いますねん」
そんな呆れる言動を思い起こすのは簡単で、
「掃いて捨てるほどある、ある」
勝手にドンドン蘇ってくる。

突然、見ず知らずの人から私の携帯電話への連絡は、
「この携帯番号に電話したら、すべてが分かるとかで……」
と困惑気味に言うが、その声に全く覚えがない。
「あの~、私、お宅さんと面識おますやろか?」と問うと、
「いいえ、ないです」と明言する。

「ほな、誰が、うちのこの携帯に電話するよに言わはったんで?」
「○○さんです」
「○○さんなら知ってますけど、何をお宅さんに話すのやら、うちには分かりません」
「私も、何を尋ねていいのか分かりません」

どちらも「これ、どないすんねんな??」状態になり、、
「○○さんに、も一遍、松尾に何のための連絡をするのかを尋ねてください。それが分かってから、うちに電話をくれますか?」
で終えた。

何も「電話をしたら分かるから!」とそれだけの指示を出した○○さんに限ったことはなく、相手を慮る(おもんばかる)心を持たず、礼儀や常識に欠ける人は、年齢に関係なく、いつの世にもいるのだろう。
しかしながら、ビジネスが絡んでくると、上記のようなことは困る。

「この伝え方で、人は分かるやろか?」
「この言葉で、僕の(私の)誠意は伝わるやろか?」
それを考えずに行動する人は、大抵、「忙しくて、考える余裕がなくて」と決まり文句のように言う。

「そうですか」と平静を取り繕って答えるが、
『お宅はわが身定規(=自分の尺度でしか物事を判断しない)なお人。自分のことだけしか考えはらへん。もう~堪忍してぇな』
と腹の中では呟いている。

相手を思い、自分の行動を客観的に捉えて行動できない人がウジャウジャといて、近頃呆れ果てている。

|

« 『腐っても鯛』>『出世魚の鰤』 | トップページ | ほんまの『いとさん』・『とぉさん』 »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 職歴 | 2012年12月 7日 (金) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/157213/46977457

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー:わが身定規:

« 『腐っても鯛』>『出世魚の鰤』 | トップページ | ほんまの『いとさん』・『とぉさん』 »