« ほな、いこか(では、出発) | トップページ | ビジネスマナー:粋やない人、好かん蛸(すいやないひと、すかんたこ) »

2012年7月12日 (木)

素直と片意地

明治生まれの祖母の言う
「人さんのゆうてくれる事は、素直にききや」
片意地通すよな、そんなアホなこと、しぃなや」
その言葉は、今も身の内に残っている。

※片意地
(かたいじ=意固地:いこじ/どんなに間違っていても、意地を張り通すことの意味を持つ)

両親の言う事には、大抵、
「そやけど、お母ちゃん」
「お父ちゃんはそない言うけど」
と素直になれない。

原因は、勝気な父母の気持ちの根底にある、「子ぉに舐められてたまるかい!」であり、
親は親として立てるが、「うちの言うてること、まちごてないもん」の気持ちが私から抜けないからだ。

ところが、亡くなった祖母や、可愛がってくれた町内のおっちゃんやおばちゃん、幼い日に遊んでくれたお姉ちゃんたちからかけられた言葉には、全面降伏並みにどんな時でも
「うん」と心(しん)から答える。

80歳手前になっても変わらない父母の言動に接すると、
「他人さん(たにんさん)とは、うまいこといくのに……」
嘆くでもなく、むしろ諦めに近い感情が50半ばの私にはある。

「おばあちゃん、一番難しのは、親に素直になることやわ」
朝から祖母の顔が浮かんできて、そう呟いた。

|

« ほな、いこか(では、出発) | トップページ | ビジネスマナー:粋やない人、好かん蛸(すいやないひと、すかんたこ) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直と片意地:

« ほな、いこか(では、出発) | トップページ | ビジネスマナー:粋やない人、好かん蛸(すいやないひと、すかんたこ) »