« かってもん(勝手者:わがままな人) | トップページ | 「敵か味方か」二者択一論者 »

2012年6月20日 (水)

逆立ちしたかてなられへん

今年100歳の祖母は、益々元気だ。
「元気はええけど、可愛げがのぉて」と75歳の娘である、私の母はこぼす。

たまに母がご機嫌伺いに祖母宅に立ち寄ると、開口一番、
「〇月〇日以来やな。まぁ、永い事、ご機嫌さんで」
前回の訪れた日をしっかり言い、横になっているベッドからヒョイと身を起こす。

おじょぉず(御上手:お世辞)は、一切言わない祖母だ。

『朝は朝星、夜(よ)は夜星』で田畑を耕し、私の曽祖父母が亡くなってからは、都度都度に洋服や着物を新調し、大川橋蔵や好きな俳優の舞台公演を観に行くようになった。
40数年前、短歌を解説するNHKのラジオ放送を聞いて、「これならできる」と、日々の生活の中に短歌を詠む素材を見つけ、今も詠みつづけている。

「我が道をゆく」祖母の姿に、
「やがて、うちかて、あないなるんや」と思いたいが、
「誰もがびっくりするほど目も耳も頭もしっかりしている100歳に、うちは、逆立ちしたかてなられへん」というのが本当の所だ。

|

« かってもん(勝手者:わがままな人) | トップページ | 「敵か味方か」二者択一論者 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆立ちしたかてなられへん:

« かってもん(勝手者:わがままな人) | トップページ | 「敵か味方か」二者択一論者 »