« お肌のハリ | トップページ | こましゃくれた子ぉ(=大人びたことをする子) »

2012年5月 5日 (土)

しょぉね(性根)の入らん話

議員答弁程、伝わるものがない話し言葉もない。
そのひどさに、
「なんでこないに、こっちに響いてこんのやろ?」
かなり前から呆れる域を超え、憤りになっていた。

「なんでやろ?」
「この疑問を解決する、うちの腑に落ちる言葉はなんやろか?」
ず~っと、嫌な思いしか抱けない国会議員の話しぶりをTVで見かける度に、考えてきた。

過日、瀬戸内寂聴さんが聴衆に話している姿を見て、
「あっ! これや!! ここが違うねん。議員が話す姿勢にチョロチョロ見える〝責任逃れ〟の姿勢がないんやもん」

寂聴さんの話しぶりには、
「一言一句、ここで喋った言葉の責任は私がとります」の気持ちが、こちらに伝わる。
「責任はうちがとるという、しょぉね(性根)<大阪弁:根性、気持ちを込める>入ってるさかいに、心に響くんやわ」
と合点した。
「そやから、〝責任、とりたない〟〝足、すくわれたない〟の臭いがする議員の言葉に、うちはイラッとすんねんな」

全く、しょぉね(性根)の入らん話は聞くに耐えられない。

|

« お肌のハリ | トップページ | こましゃくれた子ぉ(=大人びたことをする子) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しょぉね(性根)の入らん話:

« お肌のハリ | トップページ | こましゃくれた子ぉ(=大人びたことをする子) »