« ほな、また明日 | トップページ | 三途の川は飛んで来い »

2012年3月 6日 (火)

けちくさいことしぃなや(=ケチケチしないでね)

昨夏、都内で初の一人暮らしを始めるまで、一体、何度転居したのだろうか?
結婚してるときに5回。
離婚して3回。
そして、一人暮らしの今で1回。

「ほぉ~、9回目がこのワンルームマンションやわ」

その間に、私がほしかったのは、自分専用の文机だけだった。
本は、段ボールに入れてでもどうにか収納がつくが、
「気持ちよぉ書ける場所だけはほしい」とだけ思ってきた。

結婚している間は、夫主体の生活で、専用文机の夢は叶えられなかった。
離婚してから、転居のたびに大きさや形が変わり、使う文机の形態は変わったが、夢は叶った。

9回の転居を経た娘に、母は毎回言う言葉がある。
「あんた、鏡台ないやないの。ほんまに、もう、家具屋の娘やのに、けちくさいことしぃなや」

母は嫁入り道具の鏡台を大事に使い、その三面鏡の前で、朝の化粧をし、夜にはきちんと化粧を落として休む。
鏡台の前から一日が始まり、三面鏡の鏡を閉じて一日が終わる。
その母からしてみれば、転居を繰り返すたび、
「あんた、鏡台は?」と私に問い
「えっ? いらんもん」と答えられ、
そこを押して何とか、
「そやけど、姿見くらいはいるで。せめて出かけるときには、全身見てから出ていかな」
というので、壁掛け用の姿見だけは、どこの家にも吊るしてあった。

「家具屋の子ぉが、けちくさいことしぃなや」
と言われ続けてきたが、
「これから先も、うち、鏡台も三面鏡も、ドレッサーも使えへんやろなぁ」
母には悪いが、今朝も小さな手鏡でリップだけを塗ってそう思った。

|

« ほな、また明日 | トップページ | 三途の川は飛んで来い »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けちくさいことしぃなや(=ケチケチしないでね):

« ほな、また明日 | トップページ | 三途の川は飛んで来い »