« 優しいキス | トップページ | どないも、こないも »

2012年3月27日 (火)

タラタラ続く文句垂れは、あきまへん

顔を洗いながら、
「出ぉてかなわんと思う人は……」と、ふと思い、
「文句垂れ(もんくたれ:文句ばかり言う人)で、それもタラタラ、タラタラ、いつ終わんねんと思う人」
鏡に向かって言ってから、
「機嫌よぉ起きたのに、なんで、こんなこと、考えたんやろ?」

そう思ってここ数日の行動を振り返った。
キーワードは、〝タラタラ文句〟で引っ掛かってくる人だ。

「思い出しましたがな。フフフ」
たまたま入った喫茶店で隣の席に座った女性が、友人と思しき人に喋っていた。
その中年女性は不満げな様子ではあったが、大して表情も変えず、口調も変わらず、聞かされている女性の方も「ふん、ふん」と単調な相槌を打っていた。

『明るい話でないことだけはたしかやわ。なんのことやら、こっちにはトンと分れへんけど、あの調子やったら、タラタラと文句ばーかり続くのやろなぁ~』
そんな印象だけ持って、私は早々にその店を出た。

大阪弁のタラタラは、<大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫>によると、
『タラタラ【滴滴・垂垂】(副) たらたらと水のしたたるように、物事をつづけざまにする意にいう。』
とある。

パッキンが緩んでなかなか水の滴が止まらない洗面所の蛇口を閉めながら、
「タラタラやなんて、ほんまに大阪弁は、うまいことでけてるわ」と感心した。

|

« 優しいキス | トップページ | どないも、こないも »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タラタラ続く文句垂れは、あきまへん:

« 優しいキス | トップページ | どないも、こないも »