« 気ぃが若い | トップページ | 知らない言葉 »

2011年11月29日 (火)

壁にぶち当たったとき

壁にぶち当たったとき、
「あかんなぁ~、ほんまに、温室育ちはろくなことないわ」
自分で自分に嘆いてしまう。

言いながらも、最悪の沈滞時期を抜ければ、意識のどこかに
「なんとかなるし」
の思いもわいてくる。

negativeとpositeiveの間を行ったり来たりしているのかというと、
「そうでもないねん」
と思う。

最初negative、それからしばらくnegative、もっとドンドンnegative、negative
まだ気持ちは明るくなれず、negativeの状態が続く。
フッと
「あれ? あれれ?」
気の持ちようの変化を感じると、
「おっ、なんとかなるかも」
と思う。
少し経てば

「なんとかなるって」
になって、
「苦にしたかてしょぉないわ」
となる。
ここまで来たら、
「えらい、えらい」
自分を褒めてやることにしている。

「まだ、その褒めてやる所まで行ってへん」
今は気分改善される前で、
「すっきりすまるで、もうちょっとや。いや~、まだ間ぁがあるのかも……」
間=期間を推し量ることができないのが残念だ。

|

« 気ぃが若い | トップページ | 知らない言葉 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壁にぶち当たったとき:

« 気ぃが若い | トップページ | 知らない言葉 »