« えらい険のある物言いで | トップページ | 人に気持ちを伝えるときは »

2011年7月 8日 (金)

鵺(ぬえ)みたいなやっちゃ

「鵺(ぬえ)みたいなやっちゃで」
(鵺のような人だ)
こう言われたらなら、そこに善意は含まれていない。
意味は、「正体が掴めない奴」・「得体の知れない人間」ということだから。

53年近く生きてきて、鵺みたいなお人とは、二人出会(でくわ)した。
どちらも男性だ。
先ず、どうやって食べいるのか分からない。
しかし、衣食は足りているようで、身なりもそこそこ、顔色も良かった。

「仕事、してるみたいやで」
周囲の人はそう言うが、
「仕事って、何してはるん?」と聞き返すと、
「さぁな~、はっきりした事は知らんけど。
そら、あの人かて、相続したもんがあるわけやなし、なんぞ仕事してななぁ……」
答える人も首を傾げて、曖昧な物言いで終った。

広辞苑で『鵺(ぬえ)』を調べると、
①トラツグミの異称。
②源頼政が紫宸殿で射取ったという伝説上の怪獣。頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎に、声はトラツグミに似ていたという。
そして記載項の最後に
③転じて、正体不明の人間やあいまいな態度にいう。
とある。

以前から政界の人間を、
「どのお方も、鵺みたいで」と思っていたが、この頃は一層その思いがきつくなっている。

|

« えらい険のある物言いで | トップページ | 人に気持ちを伝えるときは »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鵺(ぬえ)みたいなやっちゃ:

« えらい険のある物言いで | トップページ | 人に気持ちを伝えるときは »