« 毎度おおきに♪ | トップページ | ドンならんがな(困ったものだ) »

2011年5月31日 (火)

物書きの業(ごう)

物書きは、文章を書いていないと落ち着かない。
入院中も、思いついたことを手帳や、便箋に書いていた。

この頃は、PCを弄れば弄るほど、
「あれ? なんやけったいな」
「元の画面に戻れへんがな。アチャーッ!」
「どないしょう~、どないしたらええねん」
再起動する度に、思いも寄らぬ方向に向かっていく画面……。

焦りながらも、システムの復元やら、ネットで調べた方法を試してみる。
PC内部で
「ほんまに、えらいことしてくれて」
「かなわんで」
そんな声が聞えてくるわけではないが、
「すんまへん。どうぞ、気張っておくなはれや」
とPCに声を掛け、優しく本体を撫でて、
「たのんます。元に戻りますように」
と祈る。

画面が変化している間は、これ以上気を揉んでも仕方がない。
「そやそや、葉書、書こ」
頭に浮んで来る友の顔の順番に従い、
『何でもない文です』と前置きをしておいて、数人に宛てて書き上げてしまう。

「書いてたら、落ち着くとはなぁ~」と、物書きの業(ごう)の深さに笑ってしまう。

|

« 毎度おおきに♪ | トップページ | ドンならんがな(困ったものだ) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物書きの業(ごう):

« 毎度おおきに♪ | トップページ | ドンならんがな(困ったものだ) »