« 大阪弁:「たとい(=たとえ)」 | トップページ | 大阪弁:『付け届け(=贈り物)』 »

2011年2月 7日 (月)

大阪弁:「けつね&たぬき(=きつねうどん&たぬきそば)」

おうどんに甘辛く煮含めたお揚げさん(=油揚げ)がのっているのが、「きつねうどん」だ。
お店で注文する時も、一昔前までは、「けつねうどん」や「けつね」と言っていたが、今の大阪では、「きつねうどん」や「きつね」と言っている。

お揚げさんの甘いお汁がおうどんの出汁(だし)にしゅみ出して(=浸み出して)、丼鉢の中で少し甘めのうどん出汁に変化する。
それが美味しい。
子供の頃から、大好きだ。
だから、お揚げさんに味のついていない「きざみうどん」はお店で頼まない。
「きざみうどんは、お揚げさん、きざんで、おうどんの上にボワッと置いてるだけで、なんやも一つ、楽しみのないおうどんやよって」と、そんな気がしてならない。

おそばの上に甘辛く煮含めたお揚げさんがのると、これは「たぬき」となる。

それなのに、ヒガシマルのうどんスープのテレビCMでは、「きつね」の音声には「きつねうどん」の画像が流れるのだが、次に続く「たぬき」の音声には「きざみうどん」の画像が流れていく。
「ちょっと待ってぇな。あんさん、これきざみでっせ」と、今朝、テレビに向かって言っていた。

|

« 大阪弁:「たとい(=たとえ)」 | トップページ | 大阪弁:『付け届け(=贈り物)』 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:「けつね&たぬき(=きつねうどん&たぬきそば)」:

« 大阪弁:「たとい(=たとえ)」 | トップページ | 大阪弁:『付け届け(=贈り物)』 »