« ほんまに、また会いまひょな | トップページ | 大阪弁:「いがらい」 »

2011年1月 1日 (土)

般若心経のその後で

新年、祖父母が健在だった頃は、元旦スケジュールがきっちり決まっていた。

朝8時、仏間集合。
祖父を中心に般若心経を唱える。
唱え終って、お正月の膳につく。

今朝、布団の中でその情景を思い出した。
「そやそや」と寝たまま手だけ合わせて、心はあの一家揃っての仏間にタイムスリップし、般若心経を唱えた。

「おじいちゃんは、毎年、お膳についてからの家長挨拶の時、『昨年は、ほんとに、ほんとに、有難いことで、今年も、どうぞ、皆が仲ようやっていけるよに』と、そんな事言うて、泣いてしもて」
きっと祖父は心から昨年の恩に感謝し、今年も皆が仲良く暮らせるように願ったのだろう。

「うちは……」とここから今年の願い事を言い始めると、5.6つがスラスラと出てきた。
「欲どしいこっちゃ(=欲深いことで)」と笑ってしまった。
坊主の従弟に「お前、ご先祖さんに手ぇ会わせるときは、感謝せぇよ」と言われていたので、
「感謝もしてます。けどお願い事もきいて貰えたら、尚、嬉し」と付け加えた。

|

« ほんまに、また会いまひょな | トップページ | 大阪弁:「いがらい」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 般若心経のその後で:

« ほんまに、また会いまひょな | トップページ | 大阪弁:「いがらい」 »