« 師走に思い出す顔 | トップページ | ほんまに、また会いまひょな »

2010年12月28日 (火)

大阪弁:「おつもり(御積り)・つもり」

愛用の<大阪ことば事典 牧村史陽 編 講談社学術文庫>によると、
・オツモリ【御積り】(名) 酒席で酒のやりとりを終ること。
・ツモリ(名) 酒の終わり。その酌を限りに納めにすること。ツマリ〔詰り〕である。
このように記載されていた。

明治生まれの祖母は、日常的にこれらの言葉を使っていた。

菓子鉢に盛られた薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)があり、祖父母と私が機嫌良く食べていた。
さて、最後の一つになった時に、
「おつもりなして(〝最後の一つを食べてしまって頂戴〝の意味)」
と私に勧める。

親しい間柄の人がやってきて、本当はまだ食べたいのに、お皿の上にいくつかあるおかずに箸を伸ばそうか、どうしようかと迷っているのを感じた時、
「悪いけど、つもってしもて」と声を掛け、
「ほな」と箸が動き、食べきってしまうと、
「おおきに、おおきに。綺麗に(皿も)空いたわ」と笑顔を見せる。

こんな具合に使っていた。
どちらの場合も、「どうぞ、ご遠慮なく」の気持ちが込められた大阪弁だ。

|

« 師走に思い出す顔 | トップページ | ほんまに、また会いまひょな »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:「おつもり(御積り)・つもり」:

« 師走に思い出す顔 | トップページ | ほんまに、また会いまひょな »