« 大阪弁:ちゃぁむし(茶碗蒸し) | トップページ | 冬到来で、貼るカイロ »

2010年11月 4日 (木)

人さんに可愛がって貰いや

「人さんに可愛がって貰いや」
明治生まれの祖母は、そう言って私を育てた。
「可愛げのある子やないと、そない、そない、人さんが、あんたの事を思て、なんぞしたげよかと、思えへんねんで」と諭し、
「米つきバッタのように、いっつも頭下げとけと言うてるのとちがうのやで。可愛げや。人にはそれがのぉてはあかんのやで」
祖母はいつも正座で、ゆっくり噛んで含めるように話した。

若い頃は、年上の人に可愛がって貰った。
20歳、30歳と年齢の離れた方々の知識や経験からくる深い考えに触れては、少しずつ自分の成長の糧にしてきたように思う。

52歳になった今は、「年下の子ぉらに、難しオバハンと思われんよにせんとあかんわ。人さんに可愛がってもろてこそ、人も仕事も広がるのやさかい」
そう思う毎日だ。


いよいよモノ作り企業と、主宰する文章教室の受講生とのコラボ企画:文創りのエチュードも最終日となった。
最終日の作品は、フィナーレに相応しいエッセイを持ってきた。

詳しくは、和紙商小野商店さんのHPで↓

http://www.onopapers.com/article.php/20101103214020178
最終話 『私が卒業した事していない事』/西森郁代さん作 手漉き和紙の卒業証書×エッセイ

|

« 大阪弁:ちゃぁむし(茶碗蒸し) | トップページ | 冬到来で、貼るカイロ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人さんに可愛がって貰いや:

« 大阪弁:ちゃぁむし(茶碗蒸し) | トップページ | 冬到来で、貼るカイロ »