« ちぃちゃい(小さい)時と変わってへん | トップページ | 大阪弁 小児語:「トンする(=落下する)」 »

2010年8月18日 (水)

大阪弁:「声上げる(=音を上げる・閉口する)」

『声上げる』という大阪弁がある。
今回の状況で使う大阪弁の『声上げる』の場合は、“呆れ果ててしまって”の感情が深く込められている。

映画館で、そこそこの年齢なのに、げんなりする程行儀の悪い女性二人連れに出会った。

一人はアニマル柄の上着を着た大柄な女性、もう一人は夏らしい白のジャケットに白いズボンを穿く細身の女性だった。
年齢は40代半ばに見えた。
私の座っていた隣席に着いた途端、“おつまみ”のようなお菓子が一人の買い物袋から出され、食べ始めた。
次に缶ジュースを勢いよく開け、音を立てて飲む。
【喋る、食べる、“おつまみ”の袋を手渡す、ジュースを飲む】が1セットで、一連の動作が終わると、また【喋る】から始まる動作は続く。
『席、どこぞに替われるもんなら、そないしたい』と思いは募り、上映中、ずっと二人の粗雑な動きに気をとられた。

挙句の果ての情景に、顔が引きつった。
映画が終わって彼女達が立った席の下は、“おつまみ”の空き袋に、その中に入っていた小さな包装紙が散乱していた。
「空き缶は屑籠に」の思いもなく、飲み干した缶ジュースはそのまま席に傾いて置かれていた。
『分別のある年代と違いますのか? お宅ら二人の行いには、声上げまっせ』
シラッとした顔で出口に向かって歩くその二人の背中に呟いた。

|

« ちぃちゃい(小さい)時と変わってへん | トップページ | 大阪弁 小児語:「トンする(=落下する)」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:「声上げる(=音を上げる・閉口する)」:

« ちぃちゃい(小さい)時と変わってへん | トップページ | 大阪弁 小児語:「トンする(=落下する)」 »