« 大阪弁:「こんでも(=これでも)」 | トップページ | 大阪弁:「じゅんさい(蓴菜)」 »

2010年7月27日 (火)

律儀な子ぉ

炎天下、私の歩いていた向かいの道を、自転車が2台連なって走っていく。
5才くらいの男の子が前を走り、1m程後ろに大柄なお母さんが下の子を乗せ、自転車を漕いでいた。

男の子は「ワォ~ン、ワォーン」と派手に泣きながら走っていた。
「ワーン、ワーン」とか「エーン、エーン」でなく、「ワォ~ン、ワォ~ン」と涙を拭き拭き走っていた。
雄叫びのような泣き声以外は発しない。
それだけ派手に泣いているのに、辻に来ると、ピタッと停まる。泣き止んで左右を確認。小さく頷いて発進し、一漕ぎした辺りから、「ワォ~ン、ワォ~ン」とまた泣出した。

様子を見ている間に、辻は3ヶ所あった。
どの辻も物の見事に、停車→泣き止む→左右確認→発進→再び泣くを繰り返した。
一辻目で「あれ? 泣き止んだ」と思い、二辻目で「まぁ、この子!」と行動に驚き、三つめの辻で「律儀な子ぉやこと」と感心した。
後ろのお母さんは息子から目を離さず、じっと微笑みながら見守っていた。
泣いた理由は知らないが、余りの律儀さに愛おしいと感じる男の子だった。

|

« 大阪弁:「こんでも(=これでも)」 | トップページ | 大阪弁:「じゅんさい(蓴菜)」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 律儀な子ぉ:

« 大阪弁:「こんでも(=これでも)」 | トップページ | 大阪弁:「じゅんさい(蓴菜)」 »