« 大阪弁:「こんこんさん(=狐)」 | トップページ | 律儀な子ぉ »

2010年7月24日 (土)

大阪弁:「こんでも(=これでも)」

この暑い最中に、徒競走の思い出が浮んできた。
「徒競走と言うたら運動会やのに、まだその時期やないし、なんでボ~ッと陽炎のように浮んでくんのやろ?」と思った。
まさに陽炎のごとく、校庭を砂埃をあげて走る足や、紺色のブルマの映像まで繰り返し浮んでくる。

運動が苦手で、走るのも遅かった。
3つ違いの妹はスポーツ万能で、走っても投げても良い成績を残した。

昭和40年代の運動会は、応援に駆けつける家族にとってもイベントだった。
親は勿論、父方母方の祖父母もやってきて、家族席は賑わった。
そんな中、妹はクラス対抗リレーに出場し、盛んな拍手を受ける花形選手として活躍するが、私はそんな所に選ばれたことはない。
学年毎に走るごく普通の徒競走。6人並んで走れば、良い成績でも5位。
6年間の小学校生活で、どう頑張っても4位にはなれなかった。

走り終えると、誰にも聞こえないが心の中で、『こんでも(=これでも)気張って走ってんねん』と呟いていた。

|

« 大阪弁:「こんこんさん(=狐)」 | トップページ | 律儀な子ぉ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:「こんでも(=これでも)」:

« 大阪弁:「こんこんさん(=狐)」 | トップページ | 律儀な子ぉ »