« チャチャ入れる事なく過ぎ去った言葉 | トップページ | 文章を書くために最も大切な事二つ »

2010年4月10日 (土)

友人マナー:異性の友人と長く付き合う方法

私には幼稚園の頃からの男友達が3人いる。
即かず離れず(つかずはなれず)とは、この3人との関係のようだと思う。

ベッタリと付き合う事はないが、何年ぶりかで出会っても、昨日も会って話をしていたような感覚を覚える事が多い。
3人は、私にとって死ぬまで『男の子』としての感覚で、『男の人』ではないような気がする。

夫々に幸せな家庭があり、可愛い奥さんと子供達がいるからこそ、互いにそれとなく気を遣っていることがある。
手紙は滅多に送らない。
送る場合は封筒の宛名の所に『案内状在中』など、中身を明記しておく。
もしも奥さんが「案内状ってほんまかいな?」と疑い始めたらキリがないが、多分、彼らは奥さんの前でその手紙を開けて、「こんな手紙が来たわ」と見せていることだろう。

大方は葉書にしている。
これならどういう用件か奥さんにも一目瞭然だ。

彼らは私への電話は、奥さんのいる所でする。
電話の背後で子供達の声が聞こえたり、台所で水仕事をしている音が聞こえてくるから、『家の居間から電話してきてるんや』と判る。

私のように離婚歴のある女ともなると、何かのきっかけで相手の奥さんからどんな疑念を持たれるかもしれず、それは一番避けたい。
「暗黙の了解とでもいうのやろか、こんな気配りが御互いにでけるようになってたわ」と、40年以上続く友情に感謝している。

|

« チャチャ入れる事なく過ぎ去った言葉 | トップページ | 文章を書くために最も大切な事二つ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人マナー:異性の友人と長く付き合う方法:

« チャチャ入れる事なく過ぎ去った言葉 | トップページ | 文章を書くために最も大切な事二つ »