« 大阪弁:「ぐいち」 | トップページ | 度(どぉ)が過ぎる »

2010年2月22日 (月)

ビジネスマナー:素直でない人達に物申す

「いくつになっても可愛がってもらいや」
「可愛がってもろてこそ、人は大きなっていくのやで」
そう祖母からも、可愛がってもらった周囲のおばちゃん達からも言われて育ってきた。

今年で52歳だ。
いつも“素直さが自然に出る人間であるように”と思っている。

しかしながら、仕事先やプライベートで会う人には、素直さに欠ける人が目立つ。
「一言言うたら突っ掛かってくるのも難儀やな。もっと素直になったら、この人、仕事の幅も広がるやろに」
「見た目もええのに、どっか斜めに世の中を見てるというのか、素直なとこがないさかい、人が寄りつきにくいのやろな」
そんな人達に出会う。

つい、老婆心から、『お宅さんの勝手やけれど、もうちょっと何とかなりまへんか? 人からなんぞ言われても、先ずは一旦“そやな”と言われしまへんか? すぐに突っ掛かってきてから、まぁま、大人げないこと。難し顔ばっかりしてんと、どうせなら、楽し生きた方がよろしで』と思ってしまう。

|

« 大阪弁:「ぐいち」 | トップページ | 度(どぉ)が過ぎる »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: ビジネスマナー | 2010年7月 2日 (金) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー:素直でない人達に物申す:

« 大阪弁:「ぐいち」 | トップページ | 度(どぉ)が過ぎる »