« 大阪弁:「おめでとぉさん(御目出度様)」 | トップページ | 絶対、でける(出来る)! »

2010年1月14日 (木)

大阪弁:『よめとぉめかさのうち(夜目遠目傘の内)』

時々、「なんで、うち、こんな言葉知ってんのやろ?」と思う事がある。

つい最近、「よめとぉめかさのうち」とつらつらと口から出て、「あれ? この言葉、なんやったっけ」と、ひとしきり(一頻り)考えた。
祖父母が使っていた言葉に違いはなく、「どんな時につこて(使って)たかとゆうと……あっ、そやわ! 『明るいとこでよぉ見たら、ヘチャ(器量が悪い・不細工)や。そら、よめとぉめかさのうちやがな』と、お祖父ちゃんが言うてた!!」

【大阪ことば事典:牧村史陽 編 講談社学術文庫】によると、
『ヨメトォメカサノウチ(夜目遠目傘の内):夜見た時、遠くから見た時、そして傘をさしているのを見た時の婦人は、普通よりもさらに美しく見えるとの意。明治時代まで行われた上方いろはたとえの中にある句』
とある。

祖父の当時の話の前後の記憶はない。
「どこぞで出おた(出会った)女の人が、後で別の所で見掛けたら、案外おもてた程(思っていた程)、別嬪さんやなかったと、そんな話やったんやろな」と想像はつく。
大して残念そうでもなく、ケラケラと笑っていた祖父の顔を思い出した。

|

« 大阪弁:「おめでとぉさん(御目出度様)」 | トップページ | 絶対、でける(出来る)! »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:『よめとぉめかさのうち(夜目遠目傘の内)』:

» 久々に大阪へ [愛と苦悩の日記]
■久々に大阪へ。ビックカメラ、ヨドバシカメラが大規模な店舗で進出する一方、和光電気が民事再生手続を開始というニュースが大阪に着いた朝、目に飛び込んできた。スターバックスやエクセルシオールなど、エスプレッソ・カフェもあちこちで見かける。デフレの深刻化とともに大阪も確実に「東京化」されている様子。 にもかかわらず大阪の街に降り立ってまっさきに戸惑うのは、エスカレータの左側を人が歩いていくこと。分かって...... [続きを読む]

受信: 2010年1月22日 (金) 13時30分

« 大阪弁:「おめでとぉさん(御目出度様)」 | トップページ | 絶対、でける(出来る)! »