« 大阪弁:「どひょぉしもない」 | トップページ | 大阪弁:「おめでとぉさん(御目出度様)」 »

2009年12月30日 (水)

おおつもごり(大晦日)とその前日

育った町内の年末の光景は、昭和50年(1975年)頃までは、毎年同じだった。
昭和33年(1958年)生まれの私が、17歳になったその時分は、恒例の町内の一コマが繰り返された。

30日の昼下がり、玉田(仮名)のおばちゃんが自宅前に立つ。
慌ただしく行き交う町内のおばちゃん達に、「あんたとこ、もう買いもんすんだ?」と、やけに悠長に声を掛ける。
声を掛けられたおばちゃんは、『相も変わらずやな、玉田はん。毎年のことやけど、この時期にそない呑気にしてられんのは、あんただけでっせ。なにしろお節はいっつもスーパーでこうてきはんのやさかい、世話ないわなぁ』と心で思いながら、「大体のもんはこうた(買った)」と返すのが恒例だ。

30日の夜、「ところで、しげやん、帰ってきたんかいな?」と、思い出したように町内のどこかのお宅で話題になる。
しげやんは、やくざの世界に身を置いているが、時々、町内に住むお兄さん夫婦の家に舞い戻ってくる。
「さぁな、姿、見んな」というのが、恒例だった。

やがて一晩明けて31日。
おおつもごり(大晦日:大阪弁では「おおつごもり」ではなく「おおつもごり」と言う)だ。
今年最後の日を、すでに大掃除の済んだ各家で、男性の多くは自宅の神さん飾りに精を出し、女性はお節の重箱詰めなどをしながら、晴れの日を迎える支度にラストスパートをかけるのだった。

|

« 大阪弁:「どひょぉしもない」 | トップページ | 大阪弁:「おめでとぉさん(御目出度様)」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おおつもごり(大晦日)とその前日:

« 大阪弁:「どひょぉしもない」 | トップページ | 大阪弁:「おめでとぉさん(御目出度様)」 »