« 大阪弁での打ち合わせ | トップページ | 大阪弁:「骨仕事(ほねしごと)」 »

2009年10月23日 (金)

大阪弁:「散ばら髪(さんばらがみ)」

思い返してみると、祖父母から髪についての注意は、結構多かった。
明治生まれの祖母は、ずっと同じ『髪結いさん』でアップに結って貰っていた。
殊に髪の乱れを祖母は「だらしない」と嫌い、「わての我慢できん事」の一つにあげていた。

幼い頃、私は腰まである長い髪を三つ編みにしていた。
45年ほども前になるだろうか。毎朝、祖母の前に正座をすると、丁寧に黄楊の櫛(つげのくし)で髪を梳いてから三つ編みを編んで貰っていた。
日曜日の朝、ヌボ~ッとした顔と乱れた髪のまま祖母の前に出ると、「散ばら髪(さんばらがみ:乱れた髪)やがな。 あたかっこの悪い(=非常に格好が悪い)、そんななりそんな風体)してたら……あのまぁ、ほんまに」と呆れて、最後は少し悲しそうな顔をした。

今はショートヘアーで、私を見ても髪の長い時分を想像できない人も多い。
くせ毛で、寝起きの毛先はあちこちに向かって飛んでいる。
それでも叩き込まれたものなのか、出かけるときは鏡の前に立ち、「短うても、散ばら髪はあかん。それなりにきちんとしとこ」と気をつけている。

|

« 大阪弁での打ち合わせ | トップページ | 大阪弁:「骨仕事(ほねしごと)」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。「さんばら髪」をYahoo!で検索したらこちらにたどり着きました。
岡山県生まれ岡山県育ちのわたしの大正生まれの祖母が、よく幼少期のわたしに「さんばら髪をしたらいけん」と言っていました。
それをふと今頃思いだし、さんばら髪って岡山だけかな?と思いながら検索しました。
大阪でもボサボサ頭をさんばら髪と言うのを知ってびっくりです。検索してもきっと引っ掛からないと思っていたので、嬉しくて思わず書き込みをさせていただきました。
同じく、わたしもさんばら髪をしないように、毎朝、癖毛だった髪を櫛でといてから小学校に行っていました。懐かしいです。

投稿: mari | 2009年11月18日 (水) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:「散ばら髪(さんばらがみ)」:

» くせ毛のこと教えます [くせ毛のこと教えます]
くせ毛対策など [続きを読む]

受信: 2009年10月28日 (水) 13時45分

« 大阪弁での打ち合わせ | トップページ | 大阪弁:「骨仕事(ほねしごと)」 »