« 大阪のおばちゃん典型タイプ | トップページ | 大阪弁での打ち合わせ »

2009年10月19日 (月)

冷え性なのに靴下嫌い

寒くなってきた。
「ほんまに、冬眠したい」と思うほど、寒いのは苦手だ。

小さな頃から冷え性で、少しでも気温が下がると、手足が冷たくなって困った。
それなのに、靴下を穿くのがイヤで仕方がなかった。
『冷たいのとボア~ッとぬくなっていく感覚を比べたら、冷たい方がマシ』だった。
そんな説明は幼い時分はできなくて、「この子は靴下穿け言うても、穿けへんのやさかい」と母は色々と策を練った。
「3つまでなら靴下穿かせた上から、紐で括って、脱げれへんようにしてたんやけど、すぐに取ってしもた」と、3才以降、無理に靴下を穿かすことを母はやめた。
中学生の頃になると、「また裸足で! そんな冷たい足しとったら、子ぉも産めれへんようになるぞ」と父に叱られた。

今でも靴下を穿くのは嫌いだ。
70半ばの両親が、冬場でも実家に入るとすぐに靴下を脱ぐ娘に「ほら、また靴下脱いで」と時々言う。
流石に50を超えると父の「そんな事しとったら、子ぉ産めれへんようになるぞ」の言葉はなくなったが、『お前、その内、神経痛にでもなったらどないすんのや』と思っているようだ。

|

« 大阪のおばちゃん典型タイプ | トップページ | 大阪弁での打ち合わせ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷え性なのに靴下嫌い:

» 冷え性と靴下 [冷え性対策 冷え性の症状を改善しよう]
冷え性の方は靴下を出来るだけ履くことをおすすめします。最近は ストッキングどころか、素足で過ごすことがおしゃれとも言われていますが足元が冷えると 体全体に冷えを感じてしまい、非常に体のとってマイナスとなってしまいます。冷え性の方なら すぐに足先などが冷えて 辛い症状が出てしまうでしょう。冷え性の方のための靴下として、最近では 唐辛子成分が入っているものや発熱する素材などを使った靴下なども発売されています�... [続きを読む]

受信: 2009年10月31日 (土) 22時14分

« 大阪のおばちゃん典型タイプ | トップページ | 大阪弁での打ち合わせ »