« 仕事への感謝 | トップページ | 大阪弁:「いてこます」・「いてまう」・「いわしたろか」 »

2009年7月27日 (月)

空気の読める人と読めない人

どこにでも空気の読める人と、そうでない人がいる。

一緒の場に座ったら、空気の読める人同士で話していると、必ず、読めない人が話を割って入ってくる。
『またや』と思っても、空気の読める側は口には出さない。
実際、『またや』以外の感情はないのだから。
そして話は、読めない人の先導で「あれれ?」と思う方向に行ってしまう。
座は白けているのに、読めない人のテンションは上がる。
帰り道、「どこにでもいてる。あのお人だけが何も特別ちゅうことやない」と思うのだが、気持ちの良いものではない。

物書きの世界で出遭う空気の読めない人の比率は、高いように思う。
それは、企業や他の世界なら、「そんな塩梅ではやっていかれへんで」ということが、なぜかやっていける世界だからかもしれない。

疲れる人が多い物書きの世界だ。

|

« 仕事への感謝 | トップページ | 大阪弁:「いてこます」・「いてまう」・「いわしたろか」 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空気の読める人と読めない人:

« 仕事への感謝 | トップページ | 大阪弁:「いてこます」・「いてまう」・「いわしたろか」 »