« 梅雨に雷、ゴロゴロサン | トップページ | 書いたもんさえ交わしてくれぬ在阪物書き事情 »

2009年6月 4日 (木)

“昼下がりの情事”、みたいな

ラブホテルは、神社の近くにあることが多い。
大阪 ミナミに近い高津神社の近くを歩いていた。
途中で、50代の男性と、『若作りはしているけれど、う~ん、40は超えてる』と見える二人連れと並んで歩くことになった。

二人は手を組み、いかにも慣れ親しんでいるように振る舞う。
が、それが却って“今日、初めておうた(会った)”と私には感じられる。
『この何とも言えん微妙な距離感。“昼下がりの情事”と呼ぶほどの、甘さも切なさも、いっこも感じへん』

交差点で信号待ちをしている間、男性は大きな買い物の話を女性に振った。
女性は小躍りして、「まぁ! それは良い買いもんですわ。うわ~ッ、最高ですねぇ~、ヒャァ~」と叫んだ。
『これも、ビジネスマナーなんや』と、感心した。

|

« 梅雨に雷、ゴロゴロサン | トップページ | 書いたもんさえ交わしてくれぬ在阪物書き事情 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “昼下がりの情事”、みたいな:

« 梅雨に雷、ゴロゴロサン | トップページ | 書いたもんさえ交わしてくれぬ在阪物書き事情 »