« 大阪弁:『騙くらかす』 | トップページ | 『天地人』の与六のような3才児 »

2009年5月26日 (火)

ビジネスマナー:最低限のルール、メールの住所記載

メールを送るときには、必ず
・氏名&読み方
・〒&住所
・TEL&FAX&メールアドレス
・携帯TEL
これだけは、きちんと書いておく。

ところが、名前だけしか書いて送ってこない人がいる。
プライベートのメールと違い、仕事に関連する場合、初メールで"名前だけしか書いてこない人"には、イメージダウンも甚だしい。
「大概にしてや(=ええ加減にしてや)」と、相手の仕事への取り組みようさえ疑ってしまう。

「受け取る身ぃになってみぃな。初めてのメールは名刺交換も同じやろ。その時、名前しか書いてない名刺もろても、『はぁ??』と思うやろな。お宅さん、それとおんなし(=同じ)こと、してなはんのやで」と、そんなメールを見る度に溜息が出る。

|

« 大阪弁:『騙くらかす』 | トップページ | 『天地人』の与六のような3才児 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナー:最低限のルール、メールの住所記載:

« 大阪弁:『騙くらかす』 | トップページ | 『天地人』の与六のような3才児 »