« 大阪弁:性根(しょぉね)を入れる | トップページ | 夫婦道:夫磨き »

2009年4月29日 (水)

短縮と重複の大阪弁

大阪弁は短縮して言う言葉が多い。
地名なら、谷町4丁目は“タニヨン(谷四)”、同じように谷町9丁目は“タニキュウ(谷九)”、上本町6丁目は“ウエロク(上六)”と呼んでいる。

おうどん屋さんに入れば、きつねうどんは“きつね”で済む。
まれに、今は殆ど聞かなくなった“けつね”と発音する人もいて、そんな声を聞いたら『おぉ~』と心の中で感嘆する。

「みじかなったんは(=短くなったのは)、いらち(=慌ただしい人)やさかいやろか?」と考えたこともあった。
しかし、“レイコー(冷たいコーヒー=アイスコーヒー)”の例を思うと、「一声で用が足りたら、ええのとちゃうか」と、そんな考えも生まれる。

「いや、短縮好きやねんけど、重ねて言うことも多いわ」と気付いた。
「おおきに、おおきに」や「あかん、あかんて」「堪忍(かんにん)、堪忍」
こんな風に、感謝や否定、謝罪など、自分の思いを伝えたい時は同じ言葉を重ねて、より強調する。

|

« 大阪弁:性根(しょぉね)を入れる | トップページ | 夫婦道:夫磨き »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短縮と重複の大阪弁:

« 大阪弁:性根(しょぉね)を入れる | トップページ | 夫婦道:夫磨き »