« 見たいTVがおまへんのや | トップページ | 女性の思考回路:あっちこっち飛ぶ話 »

2009年3月26日 (木)

不快から笑いに変わる嵌るフレーズ

仕事で、偶には、若い女性のいる職場に出向く時もある。
「○○さん、これコピー取ってきて」と上司が言えば、
「はい、了解です」と、若い子が愛想よく答える。
『あ、あかん。ここでわろたら(笑ったら)あかん』
この「了解です」は、私の笑いのツボだ。
数年前に初めて聞いた「了解です」には、ひどく違和感を覚えた。
『ちょっと、ここは軍隊とちゃうがな。なんで了解やねん。“はい、かしこまりました”とか、“承知いたしました”とか言われへんか?』と思ったものだ。
ところが、幾度も耳にすると、「うちの(私の)嵌るフレーズが出た! 笑いのツボ、ここで押さんといてぇな」と変化した。

男性では、例えば、「これこれ、こういう事だと私は考えます」と意見を言えば、
「おっりゃる通り、おっしゃる通り」と、必ず二度繰り返す人がいる。
こういう人に出遭うと、『笑いのツボ、直撃やわ』と吹き出すのを堪えるのが苦しい。
この言い方も、当初は、『おっりゃる通り、おっしゃる通りと言わはるけど、あんさん、そない言うほど話の中身を聞いてはらへんやろ』と、少々腹が立っていた。
けれど、回を重ねると、今はもう“笑いのツボ”と化した。

こうして、不快から笑いに変わる嵌るフレーズが増えていく。
何だかちょっと得したように思う。

|

« 見たいTVがおまへんのや | トップページ | 女性の思考回路:あっちこっち飛ぶ話 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不快から笑いに変わる嵌るフレーズ:

« 見たいTVがおまへんのや | トップページ | 女性の思考回路:あっちこっち飛ぶ話 »