« おいなはる・おいなぁる | トップページ | えらいご無沙汰しております »

2008年9月 8日 (月)

これを吉書(きっしょ)に

「これを吉書に、よろしおたの申します」
高齢の方なら、この大阪弁を判る人もいるだろうが、「若い人は、全くわからんやろな」と思う。

大阪弁の『吉書(きっしょ)』とは、私は、「機会」や「折」という意味で使うことが多かった。
その他に、明治生まれの祖母は、「きまり」という意味でも使っていた。


【ご挨拶】

“トリビアな大阪弁”のブログを読んで下さった皆様、ほんまに、これを吉書に、「へぇ~、こんな大阪弁があったのか」とおもてもろたら、うちは嬉しおます。

過日ご案内致しましたように、ここで、一旦、お休みをさせていただきます。

ほな、また、お目に掛かれる日まで。
おおきに、有難うございました。

|

« おいなはる・おいなぁる | トップページ | えらいご無沙汰しております »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

素敵な番組ですね★私も英語の番組をやっているので、是非遊びに来て下さい。

投稿: tak | 2008年12月26日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これを吉書(きっしょ)に:

« おいなはる・おいなぁる | トップページ | えらいご無沙汰しております »