« 一生の評価 | トップページ | 大阪弁:へんねしにも敵いまへんわ »

2008年8月18日 (月)

大根(=心)に響かん五輪解説

テレビで、北京五輪の水泳競技を見ていた。
番組の途中から見たので、「このよう喋る解説者誰やろ?」と、ずっと気になっていた。
彼は、選手達の今までに至ることや、今後の水泳界のことも喋っていた。
「日本水泳界をよく知ってはる人なんや」程度の予測はついた。

しかし、彼の解説は、私には全く大根(おぉね=心)に響いてこない。
何を言っても、耳に入ってきているのに、意識が動かないのである。
いつぞや、仕事である大学の卒業式の現場にいて、これと同じ感覚を抱いた。
壇上で祝辞を述べる人達の言葉が、聞こえているのに心に迫るものがない。

色々な所で、人の話を聞く機会に恵まれた。
言葉を操れる人は、喋ることに酔っては駄目だ。
「ちゃぁんと、聞いてるもんの心に届く“誠意”がのぉては、あかんのとちがうやろか」と思う。

|

« 一生の評価 | トップページ | 大阪弁:へんねしにも敵いまへんわ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大根(=心)に響かん五輪解説:

» 「解説」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「解説」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「解説」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 10時40分

« 一生の評価 | トップページ | 大阪弁:へんねしにも敵いまへんわ »