« 出戻り娘が喜ばれ | トップページ | 大阪弁:食らい抜け(=大食漢) »

2008年7月25日 (金)

おぼこい子ぉ&しっかりした子ぉ

地下鉄の先頭車両に乗ったところ、小学校高学年の一団が立っていた。
出入り口手前に男子グループ、その後方に女子グループという位置だった。
1グループは4人前後。
女子に比べ、男子の方が背が小さい。
『この時分は、こんなもんやわ』と、娘の小学生の頃を思い出した。

男子達は、キャッキャと騒ぎ、ペットボトルで仲間の誰かの頭を小突いている。
「やかましなぁ」と注意するほどのものでもなく、むしろ「なんとまぁ、おぼこい(=うぶ)子ぉらやこと」と微笑ましかった。

女子達はそんな男子達の様子に、「ホトホトあいそ(愛想)が尽きました」という表情を浮かべていた。
そして、時々、周囲の誰にともなく、「えらいすんまへん」というように、僅かに頭を下げていた。
『同い年でも、この年頃は、こないに違うんやな』
感心しながら、この二つのグループの様子を見ていた。

|

« 出戻り娘が喜ばれ | トップページ | 大阪弁:食らい抜け(=大食漢) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おぼこい子ぉ&しっかりした子ぉ:

« 出戻り娘が喜ばれ | トップページ | 大阪弁:食らい抜け(=大食漢) »