« 目正月と目ぇの毒 | トップページ | 大阪弁:「ほらあかん」の『ほら』 »

2008年6月17日 (火)

想像お見合い

お見合いの経験がないので、憧れを抱いている。

娘達の結婚を急いているわけではない。
が、年頃の娘が二人いる我家では、この子達のお見合いに同席することはあり得る。

望みはただ一つ。
お見合いの席に座って、程よい頃に、「それではお若い方同士で。ホホホホ」と席を立つ。
この行為がしたい。
「あの台詞、ゆうてみたい! なぁ、ゆうてみたいわ~」と言えば、娘達は呆れている。

大阪弁でいう『持って来い(=丁度良い)』の着物も一枚ある。
「派手でもなく、そないに地味でもない柄行で、見合いに着いてきた母親が着るには、ええ塩梅やねん」と言いながら、この間、その着物を肩に掛けた。
「ホホホ、それでは、そろそろお若い方同士で」
まるっきり当てのない見合いの席を想定して、言いたい台詞だけを繰り返してみた。

|

« 目正月と目ぇの毒 | トップページ | 大阪弁:「ほらあかん」の『ほら』 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想像お見合い:

« 目正月と目ぇの毒 | トップページ | 大阪弁:「ほらあかん」の『ほら』 »