« 大阪弁:「ほらあかん」の『ほら』 | トップページ | 悲しき男心 »

2008年6月19日 (木)

見てないようで、見てまっせ

地下鉄の西口改札付近で、二人のサラリーマンが別れた。
一人は、そのまま地上に、もう一人は東口の方に歩いていく。
二人は別れ際、「そしたら、後で」と言葉を交わした。

『別々の用事があるんやな』と、その光景を目にした私は思った。

東口に向かう男性の背中に、地上に上がる階段に向かった方が、「上でいてるわ」と言う。
『あれ? 別々の用事やのぉて、ほんちょっとの間ぁ、別れるということなんや』と思った。
男性は東口に急ぎ足で進んでいた。
『よっぽど急いではんねんわ』
男性の緊迫感が体全体から出ているようで、この後の行動が気になった。

男性が東口の改札で駅員さんに話しているのが聞こえた。
「トイレ、改札の中にあるんですよね。あの、トイレ、貸して貰えませんか」
改札口を走り抜ける男性の姿に、『そういうことやったんや』と一人合点した。

|

« 大阪弁:「ほらあかん」の『ほら』 | トップページ | 悲しき男心 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見てないようで、見てまっせ:

« 大阪弁:「ほらあかん」の『ほら』 | トップページ | 悲しき男心 »