« 「まいど! 儲かりまっか」 2 | トップページ | 気になるカップル »

2008年5月18日 (日)

黒留袖に黒真珠

大阪 環状線に乗っていた。
真向かいに座る60代の女性は、豪華な黒留袖に身を包み、それに合わせた袋帯も、金糸に輝く立派な物だった。
膝に置かれた手には、大粒の黒真珠の指輪が光っていた。
「慶びごとの席に、黒真珠? 黒真珠って、哀しみごとの時に使うもんやと思てたけど……やっぱり、白の真珠の方がええのと違うやろか……」
気になったついでに調べてみた。
「間違いでもないのやなぁ」が調べた結果の感想だ。
「そう。そや、そや」と、最も同意できた意見は下記HPの記載だった。
《真珠の卸屋さん》
ただし、喜びの席ではグレー・黒真珠は色目を嫌う方がいらっしゃいますので、ホワイト・ピンク・ゴールドなどの明るいカラーでお祝いの気持ちを表しましょう。

|

« 「まいど! 儲かりまっか」 2 | トップページ | 気になるカップル »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒留袖に黒真珠:

« 「まいど! 儲かりまっか」 2 | トップページ | 気になるカップル »