« 大阪弁:見にくい【見悪い】 | トップページ | しなこいこぉこ(香香) »

2008年5月16日 (金)

大阪弁:『よこっちょ」・『よこっぺら』

『ねき』とは、『そば(側・傍)』をさす大阪弁。
この言葉も余り聞かなくなった。

同様に、『よこっちょ(横っちょ)』も、「聞けへんなぁ」と感じる。

『よこっちょ』は『横の方』という意味で、例えば、部屋の隅にある物を取って欲しいときなど、
母:「その隅にあるもん、ちょっと取ってくれへんか?」
娘:「えっ? どれ?」
母:「そこや、そこ」
娘:「どれぇな?」
母:「ほれ、雑誌積んであるよこっちょにあるがな」
こんな具合に使っていた。

明治生まれの祖母は、『よこっぺら』または『横べら』とも言っていた。

|

« 大阪弁:見にくい【見悪い】 | トップページ | しなこいこぉこ(香香) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:『よこっちょ」・『よこっぺら』:

« 大阪弁:見にくい【見悪い】 | トップページ | しなこいこぉこ(香香) »