« 喪服・後家さん・世之介もどき | トップページ | 誘い文句に『ペケ』『堪忍』 »

2008年5月24日 (土)

大阪弁:『夜さり』と『夜なべ』

「こんな夜さりに、誰から電話や?」
「夜さりに、出歩くもんやない」
「夜さりになって、口笛吹いたらあかん」

こんな風に『夜さり(夜去り)』という言葉は使われてきた。
意味は、「夜」
今でも、音の響きから「夜」よりも「夜さり」の方が好きだ。
が、日常の生活では滅多に聞かない。

同じように、『夜なべ』も消えてしまった。
夜の仕事を指すこの言葉も、「お父ちゃん、今夜も夜なべや」と、小さな頃はしょっちゅう耳にしていた。
今は透析に通う70半ばの父も、30代の働き盛りの頃は、“父=夜なべ”とイメージが繋がるほど懸命に働いた人だった。

|

« 喪服・後家さん・世之介もどき | トップページ | 誘い文句に『ペケ』『堪忍』 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁:『夜さり』と『夜なべ』:

« 喪服・後家さん・世之介もどき | トップページ | 誘い文句に『ペケ』『堪忍』 »