« マタキテクダサイ | トップページ | 大阪弁:見にくい【見悪い】 »

2008年5月14日 (水)

ゴジャゴジャ言う人との付き合い方

ある会合で司会を務めた男性は、議事進行どころか、全く要領の得ない話を続けた。
“話が読めない”・“話が見えない”
などの言葉を多用しながら、『会合の話が進まないのは、私のせいではない』と言いたいのだけは判った。
“感覚の違い”・“感性が異なる”
そんな言葉も出た。

最初は彼の話ぶりにイライラした。
顔には出さないでおきたかったが、ニコニコと話を聞いていることはできなかった。
『ゴジャゴジャ(=なんのかんのと)言うてんと、言いたいことは、そのものズバリの言葉をつこてぇな!』と下を向いて“!”つきで思った途端、気が静まって、何だか急に彼の話が面白くなった。

“話が読めない”・“話が見えない”=“理解ができない”
“感覚の違い”・“感性が異なる”=“同意できない”
こうして言葉の置き換えが楽しくて、退屈な会合も、案外早く時間が過ぎていった。

|

« マタキテクダサイ | トップページ | 大阪弁:見にくい【見悪い】 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴジャゴジャ言う人との付き合い方:

« マタキテクダサイ | トップページ | 大阪弁:見にくい【見悪い】 »