« 大阪弁:『夜さり』と『夜なべ』 | トップページ | 「まいど! 儲かりまっか」 3 »

2008年5月25日 (日)

誘い文句に『ペケ』『堪忍』

「来週の日曜日、どない?」
都合を聞くとき、大阪の友人達は、こんな会話で尋ねてくる。
用件は、この後の返事を聞いてからで、
「あかんわ。その日はペケ」と答えると、ここで用件の説明が入る。
「そう。残念やわぁ。松竹座の切符あってんけど」
「堪忍な。京都で仕事あって、帰ってくるの遅なる思うねん」
こちらも、ペケな理由を伝える。

これが、大阪の友人以外となると、ストーレートに順序よく話が進む。
「松竹座の切符があるの。来週の日曜日、一緒に行かない?」と問われる。
「ごめんね。その日は京都で仕事で。悪いけど、他の人、誘たげて」と答える。

しかし、大阪弁の“ペケ(=駄目)”や“堪忍(=ごめん)”という言葉を使いながら、まったりとした会話が出来る友人も、実際はほんの僅かになっている。

|

« 大阪弁:『夜さり』と『夜なべ』 | トップページ | 「まいど! 儲かりまっか」 3 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誘い文句に『ペケ』『堪忍』:

« 大阪弁:『夜さり』と『夜なべ』 | トップページ | 「まいど! 儲かりまっか」 3 »