« 大阪弁:『よこっちょ」・『よこっぺら』 | トップページ | 「まいど! 儲かりまっか」 2 »

2008年5月17日 (土)

しなこいこぉこ(香香)

沢庵のことを、大阪弁では『こぉこ(香香)』と言う。
丁寧に『おこぉこ』と言うときもある。

ポリポリと音を立て、その食感も心地良いこぉこもあるが、古漬けのように柔らかなこぉこもある。
入れ歯の具合が悪いと、後者のこぉこは中々噛み切ることができない。
曾祖父は古漬けのこぉこが好きだったが、母は「しなこぉて難儀してたのを思い出す」と言う。

『しなこい』は、柔らかい・弾力性があるという形容詞だ。
この言葉も、今の生活の中で使っている人はあまりいない。

|

« 大阪弁:『よこっちょ」・『よこっぺら』 | トップページ | 「まいど! 儲かりまっか」 2 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しなこいこぉこ(香香):

« 大阪弁:『よこっちょ」・『よこっぺら』 | トップページ | 「まいど! 儲かりまっか」 2 »