« いじましい真似しぃなや | トップページ | 【文章を書く】で思うこと »

2008年4月24日 (木)

『入れ込む』 → 『見果てぬ夢』へ

「ついつい入れ込んでしもて」と、自分でも呆れる事はよくある。
『入れ込む』という大阪弁は、「熱が入る」・「熱中する」・「夢中になる」ということを指す。

着物の半襟作りに凝って、可愛い柄行、粋(すい)な色遣いの小さな風呂敷を見つけては、何枚も作って楽しんだ。
「外食時のエビフライって、どの位の割合で、ちゃぁんと形になった冷凍もんをつこてんのやろ?」と気になって、外に出たらエビフライを頼んでいた時期もあった。

どれも一過性のものなので、時期がきたら自然と熱も治まる。
「ダーリン(アル・パチーノ)への入れ込みようだけは、治まれへん。難儀やわ~」
携帯電話を開ければ、待ち受け画面に、優しい微笑みをたたえたアル・パチーノがいる。
『入れ込む』 → 『見果てぬ夢』へ、頭の中で文字は変換されていく。

|

« いじましい真似しぃなや | トップページ | 【文章を書く】で思うこと »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『入れ込む』 → 『見果てぬ夢』へ:

« いじましい真似しぃなや | トップページ | 【文章を書く】で思うこと »